« 過去の行為の積み重ね(カルマ)により、選択肢や可能性が増えていく。 | トップページ | 「今のままでも、かまわない」のか、「今のままでは、いたくない」のか。 »

2010年5月21日 (金)

年齢とともに、求められる役割も変化していく。

子供のころから優秀で、手がかからず、大人の言うことをよく聞く「いい子」だった人が、ある一定の年齢を過ぎると、人間関係や物事が停滞しだして上手くいかなくなってしまうことがあります。

何も悪いことはしていないし、大きなミスがあったわけでもないのに、周囲からの評価が著しく下がりだし、相手のニーズを満たすことができなくなります。

本人は、「なぜ、上手くいかなくなったのだろう。今まではこれでよかったのに・・・。」と考えます。自分は何も変わっていないのだし、以前はとても評価されていた、ならば、この停滞は、知人の性格が以前と変わってしまったのだろうか、新しく請け負った業務内容が合っていないためだろうか、それとも、新しく変わった上司が自分を気に入らないのだろうか・・・、と、原因を、自分の外に求めようとします。

けれど、どんなことでも、カルマの法則で「自分がまいた種が、自分のゆく道に実る」のですから、原因は自分の中にあるはずです。

この場合は、年齢により、自分が担う(相手から求められる)労力や立場の変化を、考慮出来ていないことから起こっている、需要と供給のミスマッチなのです。

目上の人が指示するとおりにこなす資質が、どれほどに高くても、いつまでも「目下」でいるわけにはいきません。年齢が上がれば、立場も変わり、求められる役割が、変わっていくのは当然です。

そういう視点で、改めて、「今の自分に、求められている要素は何か」を、考えてみると、見えてくるものがあると思います。

誰もが等しく、年齢を重ねます。そうなれば、求められる役割は、「指示された通りに動く」ことから、「自分が、指示を出す」ことへ、移り変わっていくものではないでしょうか。社会に出れば、学校時代のように、「さあ、今日からキミの立場は、○○だからね。ここからはキミが主導権をとってね~」なんて、教えてもらうことを期待してはいけません。それは、自分で、身につけていくものだからです。

子供の頃やフレッシュマンの頃に、目上の人の言うとおりにして評価されてきたタイプは、この切り替えが出来ずに、苦しくなっているケースも多いと感じます。「年齢とともに、担う役割は、移り変わっていくもの」という視点から、今のご自分の立ち位置を、再確認してみることをお勧めします。

|

« 過去の行為の積み重ね(カルマ)により、選択肢や可能性が増えていく。 | トップページ | 「今のままでも、かまわない」のか、「今のままでは、いたくない」のか。 »

11.家族、恋愛、人間関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 過去の行為の積み重ね(カルマ)により、選択肢や可能性が増えていく。 | トップページ | 「今のままでも、かまわない」のか、「今のままでは、いたくない」のか。 »