« 自営は、自分から動かないとスタート(開業)できません。 | トップページ | 不満が生まれるのは、「定義付け」しすぎるため。 »

2010年5月15日 (土)

霊的な資質が、どんな方向に発達するかは、未知数。

私たち人間は、「肉体をもった、霊(的存在)」なので、実は、誰にでも霊感があります。強い、弱い、の差はありますが、ゼロの人はいません。自覚のない人でも、誰もが備えている資質のひとつです。

ただ、霊感というのは、幅広いものなので、誰もが、(一般にイメージされるところの霊感である)霊視力を備えている、という意味ではありません。表れ方は、人によりさまざまであり、クリエイティブなセンスとして発揮される人もいれば、感応力に優れている人もいるでしょう。

(一般にイメージされる意味での)霊感・霊能は、見える(霊視、透視力)、聞こえる(霊聴力)、感じる(霊感覚)、などが代表的ですよね。今はやりの、天使がなんたら・・・系の書籍でも、そういう区分けの仕方がなされているようです。

その影響のためか、「私が備えている霊的資質で、優れているものを教えてください。霊視力でしょうか?それとも霊聴力でしょうか?」というようなご質問をいただく機会がしばしばあります。

けれど、霊感というとても幅広いものについて、画一的で明確な区分けはできないものと考えるべきで、・・・書籍などの商業的な部分に流されないように注意したほうがいいと思います;。

実際、霊感は誰にでもあることは事実です。それは、誰もが呼吸ができることや、思考をする力があること同じです。

しかし、誰でもできる呼吸を「超呼吸」「透呼吸」とは言いませんよね;。誰にでもできることに、わざわざ「透」とか「超」とかの呼称をつける場合は、一定レベル以上に発達している状態に対しての呼び名だと思うのです。

既に一定レベルを超えて発達しているなら、「私は、何が優れているか?」と聞かなくても、自分でわかるものだと思います。つまり、自覚できないなら、その時点では一定レベル以上にない、という可能性が高くなりますよね。・・・だからこそ、その先発達していきそうなのは・・・?という意味で、知りたいのかもしれませんが。

備えている霊感的な要素の大小というのは、ある程度は把握できるものです。精神的、資質的なものは、頭の付近に現れますので、そのあたりのオーラの大きさや形状などを見れば、大まかなところは分かると言えます。

しかし、それが、今後どのような方向に伸びていくか(それとも、伸びていかないのか)を、明確に把握することは難しいです。可能性としては、予想がつく部分はゼロではないけれど・・・、伸び率や可否までは、明確にはわからないものです。

霊的真理については、解釈は人によりさまざまであり、何が正しくて何がそうでないのかは、それぞれが「自分の責任で」判断するべきものです。誰の言うことを信じるのも、その人の自由、私自身も、自分の意見だけが正しいと主張するつもりはありません。

しかし、明確な根拠もないのに、自分の頭の中にひらめいたことは高次からのお告げだという強引な解釈;で、・・・いとも簡単に、無責任な発言をする人も中にはいるわけです。

ですから、見極める目をもたなければいけないし、そもそも、「自分の霊感のタイプは、どれになりますか?」のような、インスタントでマニュアル的な解釈をしたくなること自体も、霊的真理を好奇心でとらえている証拠だと思います。

霊的な感性というのは、もっと大きなくくりで、包括的にとらえていくべきものだと思います。そして、霊的な成熟度と、霊感・霊能の発達度は、必ずしも比例しないという事実も、忘れないようにしてください。

霊感・霊能への興味そのものが、悪いとは言いません。誰でも最初は、そこからスタートするものだと思います。しかし、いつかは好奇心から抜け出して、本当の意味での霊的、精神的な成長につなげていくことが大切ではないでしょうか。

|

« 自営は、自分から動かないとスタート(開業)できません。 | トップページ | 不満が生まれるのは、「定義付け」しすぎるため。 »

08.直感、霊感、霊能力」カテゴリの記事