« 楽しい会話のための、話題を仕入れる。 | トップページ | 霊的な資質が、どんな方向に発達するかは、未知数。 »

2010年5月13日 (木)

自営は、自分から動かないとスタート(開業)できません。

多くの方から、いつか自営をしたいとか、趣味を仕事につなげたい夢がある、と相談をいただきます。しかし、ほとんどの方が、なんとなく漠然とそう思っているだけで、具体的にいつから何をどうスタートさせていくか、という細部までは考えていません。

遠い将来の夢だとしても、自営というのは、「自分から、動き出さないことにには、いつまでも、何も始まらない」ものであることを、認識なさっておくことが大切です。

恋愛ならば、必ずしも、自分から行動的にならなくても、たまたま落としたハンカチを拾ってくださった方に気に入られてアプローチされるとか(笑)、自分には全くその気がない状態でも、ふとした出来事から、相手主導で付き合いに発展することもあると思います。

仕事も、雇われて働く場合なら、ちょっとした出会いや付き合いから、「よかったら、うちの会社で働きませんか?」という話になることも、あるでしょう。

しかし、自営で仕事を始める場合は、自分から意識的に動いていかないことには、スタートしません。何もしていないのに、自動的に物事が展開してくれて、いつの間にか自営を始めていた・・・、なんてことは、まずありません。誰かの言動が、後押しになってスタートの決意に繋がることはあるかもしれませんが、決意することと、実際に活動していくことは別ですからね。

仕事というのは、誰かの需要を満たして、対価をいただくことです。もしくは、自分が供給したいものの、需要を見つけるか作り上げるかして、買っていただくことで成り立ちます。

これから始めたい仕事というのは、誰に何を売る仕事にするのか、どんな形態で行うのか、どうやって自分の活動を(買い手に)知ってもらうのか、そういうビジネスプランを作り上げることなら、費用も掛からず、誰にも負担をかけることなく、自分の頭の中で構築していくことができます。

「具体的に考えること」も、大切です。準備というのは、物理的な行動だけとは限りません。思考的なプランニングも含まれます。

|

« 楽しい会話のための、話題を仕入れる。 | トップページ | 霊的な資質が、どんな方向に発達するかは、未知数。 »

12.仕事」カテゴリの記事