« 霊的感覚の強さは、「呼吸」と密接な関係がある。 | トップページ | 霊感の発達は、知識や経験により底上げされることもある。 »

2010年5月 8日 (土)

「オーラのある人」と言われるような、存在感のある人になろう。

「あの人は、オーラあるよね」という言い方をすることがありますよね。

実際、オーラは誰にでもあるのですが( ̄∀ ̄)、大きな存在感があるとか、独特の雰囲気やカリスマ性を感じる人に対して、「オーラがある」と、表現するのだと思います。

霊感も、強弱の差こそあれ、誰にでも備わっていますが、霊感の強い人のことを「霊感がある」といういい方もしますし、それと似たようなものでしょうね。

人には、誰にでも、「感じ取る力」「雰囲気を把握する能力」がありますから、大きくて、勢いがあるオーラの人を、なんとなく、感じ分けるのだと思います。

受け取り方はいろいろですし、自分の感じやすい領域があり、バイアスもかかるものなので、「オーラがあると感じた」感覚が、必ずしも、実情に当てはまっているとは言い切れませんが・・・、でも、だいたい当たっているものではないかな、とも思います。

はっきりと感じ取れなくても、知識がついてくれば、「知識に感覚が底上げされてきます」から、多分こうだろう、という想像がつくようになってきますし、精度も上がってくるものです。

「あの人は、オーラがある」とは、普通とはちょっと違った何か、キラリと光るものを感じさせる人に対しての褒め言葉でもあると思います。

大きくて輝いている、勢いのあるオーラになって、「オーラ、あるよね」と、言われるような人を、目指していきましょう!。

|

« 霊的感覚の強さは、「呼吸」と密接な関係がある。 | トップページ | 霊感の発達は、知識や経験により底上げされることもある。 »

03.オーラ」カテゴリの記事