« 過剰な不安や心配から、自分を解放しましょう。 | トップページ | 不満が生まれるのは、「定義付け」しすぎるため。 »

2010年5月12日 (水)

楽しい会話のための、話題を仕入れる。

人生には、インプットに向いている周期と、アプトプットに向いている周期があります。出会いのための努力を続けていても、なかなか、うまくタイミングが合わなかったり機会がめぐってこない時期も、あるかもしれません。

そんなときは、「出会いのために、準備をしておこう」と、切り替えていくのもよいでしょう。インプットをして、先に備えておくという考え方です。もちろん、出会いのための努力は、引き続き行いながら、です。

お付き合いに至るには、「出会う」「知り合う」だけではダメです。その先の発展があってこそ、です。たとえば男性と親しくなるには、男性の好む話題についての会話ができて、「この女性と話していると、楽しいな」と思ってもらえると、好意に繋がります。

もしも、今、男性とデートする機会があったら、何を話題にしますか?

その話題は、(一般的に)男性が好むタイプの話題ですか?

なかなか、こういうことを、改めて考えてみる機会はないと思うのですが、あえて考えてみてください。何も思いつかない、男性が好むタイプの話題かなんて、どうやって判断するの、と思ってしまうとしたら、・・・実際にデートにこぎつけても、会話が盛り上がらずに終わってしまう可能性も高い、かもしれません;。

出会いのための行動もしながらも、出会ったときのための「話題を、たくさんに仕入れておく」ことも、心がけていきましょう。

実際には、考えておいたとおりの会話になるとは限らず、相手のほうから話題を振ってきて、相手のペースで話が進んでいくとしても、「話題が切れたら、この話をすればいい」と、思えるので、気持ちに余裕が出て、リラックスして話ができるので、好印象に繋がりやすくなります。

では、実際に男性がどういう話題が好きかというのは、・・・ここに回答を書いてしまうと、学びになりませんので(笑)、自力でつかみ取ってくださいませ( ̄ー ̄)。

お兄さんや弟さんが、どんな趣味があってどんな話題で盛り上がっているか、同僚や上司との世間話などから、情報収集をしてみてください。

そうやって、自分で作り上げた情報の蓄積は、人付き合いにおいて、大きなアドバンテージとなり、自分自身を助けてくれます。男女関係に限りませんが、「話題をたくさん持っている」というのは、「強み」です。

|

« 過剰な不安や心配から、自分を解放しましょう。 | トップページ | 不満が生まれるのは、「定義付け」しすぎるため。 »

11.家族、恋愛、人間関係」カテゴリの記事