« スペシャリストタイプが、自分の道を見つけるまでの考え方。 | トップページ | 縁とは、あらかじめ決まっているものではなく、自分で作り上げるもの。 »

2010年3月 2日 (火)

気配りは、相手に気づかれないようにするほうがいい?

一般に、気配りをする際、「相手にそうと分からないように」助けてあげることが、美徳とされている傾向があるように思います。調和を重んじる日本人の気質的に、自己アピールよりも謙遜のほうが好まれるし尊敬されるためでしょうか。

しかし、ケースバイケースで、「相手に気づかれないように」した方がいい場合もありますし、「相手に気づかれるように」行ったほうがいい場合もあります。気配りは、「相手のため」に行うものですから、相手の身になって考えてみる必要があります。

相手にわかるように行った方がいい場合とは、「そうしたほうが、相手が喜ぶ場合」です。

孤立無援の状態で困っている人には、「お手伝いしましょうか?」と声をかけて、「私は、あなたを気にかけていますよ」とアピールしたほうが、きっと相手は喜びますよね。実際の行動によるお手伝い以上に、相手を勇気づけるでしょう。

逆に、相手に分からないように行う方がいい場合は、「そうすることで、相手が喜ばない(負担になる)場合」です。

プライドの高い人に、「手を貸しましょうか?」と申し出ることは、喜ばれない場合もあります。周囲に、困っている自分を知られたくない人には、こちらが気にかけていることを分からないようにしていくほうが向いていると思います。

相手が何を望んでいるかを考え、「相手の立場になって」行動することが出来る人が、「気が利く人」なのだと思います。

|

« スペシャリストタイプが、自分の道を見つけるまでの考え方。 | トップページ | 縁とは、あらかじめ決まっているものではなく、自分で作り上げるもの。 »

11.家族、恋愛、人間関係」カテゴリの記事