« オーラのくもりが、インスピレーションの伝達をさえぎってしまう。 | トップページ | 怒りは、我慢せずに吐き出すほうがいいのか? »

2010年3月17日 (水)

すでに、(暫定の)答えは出ている。

誰もが、自分にとって直視したくない現実から、逃避したい気持ちを持っているものです。そのため、「既に、現状が答えを示している」ことから目をそむけて、「まだ、答えが出ていない」と、思いこもうとすることがあります。

そうなると、進むことも退くこともできず、立ちどまったままになるケースは多いです。特に、好きな人がいるがお付き合いに至ってない状態などの、恋愛問題にはよく見られます。

例えば、直接ノーを言われたわけではないけれど、間接的な態度や、もしくは当人同士をとりまく状況からして、ノーを認めるしかない場合って、ありますよね。受け入れるのは苦しいけれど、そうするしかないこともあります。

「でも・・・、まだ、直接答えを聞いていないから」と、現実から目をそらしても・・・、ただ物理的な時間が流れていくだけとなります。

「白黒はっきりさせないことには、次に切り替えられない」と考えていらっしゃる方は多いのですが、「相手が、態度を鮮明にしてくれない」という状況は・・・、現時点では、気持ちが向いていない証拠ではないでしょうか。はっきりと否定しないのが、相手からのやさしさの場合もあるでしょう。

私たちが、日頃「最終結果」だと思っていることの多くは、「経過」であり、「その時点においての、暫定的な結果」にすぎません。もう絶対に動かしようのない確定した結果というのは、実はそう多くはありません。

ですから、この時点では、「ノー」だったとしても、答えが確定されたわけではなく、思い続ければ、未来のいつかで実る可能性もあります。しかしそれば、現時点での答えを認めた上で、それでも思い続けるかどうか、の話であって、「今は、まだ答えが出ていないから」と、現実から目をそらしてしまっては、力を注ぐべき焦点がぼやけて、見当違いの労力を費やしてしまうことになりかねません。

自分が、本当は、どちらの状況に置かれているのか、現実を見つめる勇気をもって、判断していく必要があると思います。現実を見つめるのは、ときに大きな痛みを伴いますが、どちらかの方向に動きださなければ、いつまでも今のまま・・・時間だけが費やされてしまいます。自分に都合よく解釈するのをやめて、現実を直視することも大切です。

|

« オーラのくもりが、インスピレーションの伝達をさえぎってしまう。 | トップページ | 怒りは、我慢せずに吐き出すほうがいいのか? »

10.考え方、感情」カテゴリの記事