« 前世の影響で、この世が「生きにくい」と感じる人もいるけれど・・・。 | トップページ | 物事がスムーズに進まないときには、そうなるだけの意味がある。 »

2010年2月10日 (水)

霊的影響を受けやすい体質の人は、飲みたくなったり、食べたくなったりする?

霊的な影響を受けやすいタイプを、「憑依体質」と表現することがあります。

私たち人間は、「肉体をもった霊(的存在)」ですから、誰もが日常、少なからず霊的な影響は受けているものです。なので、憑依という言葉を、特別なことのようにとらえないでいただきたいのですが、もともとの性質により、その影響が強く出やすい方がいることは確かです。

憑依体質の人は、太りやすい、とよく言われていますが、確かにそういう傾向はあると思います。

霊的な意識に感応しやすいので、自分以外の想念やエネルギーの影響が、食欲のほうに繋がっていけば、食べたい気分が強くなりやすいこともあると思います。

また、「過剰に、水が飲みたくなる」という現象も多いです。人が亡くなるときは、だいたい病院などで食事を制限されているケースが多いためか、浄化途中の霊的存在は水分への執着があることも多いのです。

もう、肉体を維持する必要がないのだから、水分は必要ではないのですが、本人はまだ肉体をもっているときの意識で、「のどが渇いている気分、のまま」で、人に憑依してしまうと、憑かれたほうは、その意識を受けて、自分が「飲みたい気分」になってしまうのです。

私も、子供のころから今に至るまで、水分摂取量は異常に多いです(笑)。ごはんのときには、味噌汁があっても、必ずコップに水が用意されていないと、食べられませんでした。子供の頃の話ではないですよ、大人になっても、です(笑)。

無意識に、ものすごく飲んでしまうのです。お腹がガボガボになるまで。それでも、飲んでしまう・・・。ぼーっとしていると、つい飲み続けてしまうので、お茶とか水は出しっぱなしにしないで、必要な分だけテーブルにおいて、必ず冷蔵庫にしまいますね;。

この現象は、「食べたい霊、飲みたい霊が、寄ってくる」・・・という解釈よりも、誰でも、いろいろな個別の感情や執着がある中で、食欲などの本能的な欲求は多かれ少なかれ全員にありますから、人と霊の意識が重なり合いやすい要素のため、実際の現象に現れやすい、ということではないかと思われます。

しかし、いくら霊的な影響を受けてしまう体質・・・とはいっても、意識のすべてを支配されているわけでもないのですから、あまりに過剰にならないように自分が気をつけることは可能ですし、また知識として、それらの仕組みを理解していくだけでも、自分の発信する波長が変わっていき、状態もゆるやかに変化していくこともあります。

憑依に限らず、どんなことでも同じですが、あまりに気にしすぎたり恐れたりする必要はなありません。

けれど、ちょっと気をつけたり意識したりで、改善に繋がることもありますし、知ることで不安な気持ちがなくなって、波長が切り替わっていくこともありますので、(気になることがあるならば)知識は、ないよりは、あったほうがいいと私は思っています。自覚がある方は、少し気をつけていくとよいでしょう。

|

« 前世の影響で、この世が「生きにくい」と感じる人もいるけれど・・・。 | トップページ | 物事がスムーズに進まないときには、そうなるだけの意味がある。 »

08.直感、霊感、霊能力」カテゴリの記事