« その意見は、本当に「客観的」でしょうか? | トップページ | 所有に対する考え方。 »

2010年1月 6日 (水)

過度なこだわりは、自分を苦しめる。

自分なりの、いい意味でのこだわりを持つのはかまいませんが、過度に頑固になりすぎると、自分自身が大変になってしまいます;。意思を貫き通すのもよいですが、場合によっては、周りのペースにあわせていくことも、同じくらいに大切です。

その時々で、柔軟に、周囲と歩調を合わせていくほうが、物事がスムーズに進む場合も多いものです。上手くいかないとき、停滞を感じるときには、イライラが募って、強行突破をしなくなったり、もしくは逆に、全てを投げ出したくなったりするかもしれませんが、それでは自分で自分を追い詰めているのと同じです。

私自身も、短気なので;、やりかけのことを投げ出したくなるのは、日常茶飯事ですが;・・・。ほんの少し、自分自身のこだわりを緩めて、「こうあらねば」の気持ちから、離れてみると、見える景色が違ってきます。そのほうが楽な気持ちになれます。

そして、その気持ちの変化とともに、実際の物事もスムーズに進むようになったりすると・・・、「あ、自分が停滞させていたのか;」と、気づかされます;。

気持ちが緩んでいくと、(受信機である)オーラも大きく広がり、インスピレーションもよく働くようになり、良いアイデアも浮かびやすくなったりもします。

自分以外の外的要因により、被害を受けて困っている気になっているだけで、実は原因は自分の過剰なこだわりゆえ、というケースは、意外と多いもののようです。

|

« その意見は、本当に「客観的」でしょうか? | トップページ | 所有に対する考え方。 »

10.考え方、感情」カテゴリの記事