« すべて必然、という言葉の解釈。 | トップページ | 気づくとは、すでにあるものを認識すること。 »

2010年1月18日 (月)

芸術的センスと霊感は、とても近い資質。

芸術的な感性と、スピリチュアルな能力は、とても近い資質です。

外国の有名な霊能者やヒーラーも、書籍等を拝見すると、昔は画家や歌手だった、というパターンは多いようです。

芸術・芸能的活動も、インスピレーションで授かったものを、自分という媒体と感性を通して表現する、という意味においては、リーディングやヒーリングと近い要素があると思います。高い受信力と感応力を備えている人ほど、受け取るものが大きくなっていきます。

広い意味で、受信力や感応力を把握するには、全般的なオーラの大きさや、質感などから判断しますが、さらに、抜きんでた専門的センスの大小を把握するのは、スピリチュアルな資質を見る場合と同じ要素で、だいたい判断がつくものです。なので、霊感が強い方は、芸術センスも兼ね備えているはずですし、逆もまた同じです。

「霊的感性を伸ばしたい」方には、基礎的な瞑想その他をご指導させていただいていますが、さらにご自分で心がけるとよいこととして、感性を磨くために何か芸術的なこと、クリエイティブなことをやってみるのもよいですよ、とお話させていただくこともあります。

「霊感が強くて、(心霊現象や、エネルギーに感応してしまう等で)困っている」方には、良い影響ならば問題ないけれども、良くない影響を避けるために、自分の波長を高めていくことと併せて、霊的なものを引き寄せてしまう力の放電(?)のために、芸術活動や、創作活動をなさっていくことも、ひとつの方法ですよ、とお伝えしています。

・・・どっちも、同じじゃないか~!!と、言われそうですが、決して手を抜いているわけではありませんし、適当を言っているのでもないです(笑)。

例えば、まったく運動していない方に、「適度に体を動かしたほうがいいですよ」とアドバイスをして、逆に過剰な運動で疲弊している方に、「激しくしすぎないで、適切な運動量のほうがいいですよ」とアドバイスをした場合、まったく逆の状況でありながら、「適度に運動を」という回答は共通します。それと同じようなものです。

日々の生活に、何かひとつでも、芸術的もしくは創造的な要素を取り入れていくと、楽しみや手ごたえに繋がりますし、感性も磨かれていきますので、心がけてみるのもよいでしょう。

|

« すべて必然、という言葉の解釈。 | トップページ | 気づくとは、すでにあるものを認識すること。 »

08.直感、霊感、霊能力」カテゴリの記事