« 「ひらめく直感」と、「経験則から導き出す、思考的感覚」 | トップページ | 直感の位置するところは、「理性を超えた場所」です。 »

2009年12月19日 (土)

この世を生きることこそが、スピリチュアルである。

あちらの世界と、こちらの世界は、重なり合って存在しています。こちらの世界は、あちらの世界の(広義の意味で)一部である、とも言えます。つまり、この世を生きることは、あの世を生きることでもある、のです。

私たち人間とは、「肉体をもった霊」ですから、この世に生きていても、霊(界)と切り離されることはありません。

この概念は、右と左の両極にあるもののバランスを取ることとは、少々ニュアンスが違って、あちらの世界が「全体」で、こちらの世界が「(全体の)一部分」として、ある部分が(重なっていることで)同時進行しているようなもの、だと思います。

二つが重なって存在しているうちの、(通常は)この世のみを認識しながら私たちは生きています。けれど、この世が切り離されて別個に存在しているのではない、ということですね( ̄∀ ̄)。

ですから、この世の現実的な事象の中にも、いくらでもスピリチュアルな要素は見出せるはずで、その経験のために生まれているのですから、この世ならではの、ときに物質的な経験をも、たくさん積み重ねて、たましいを磨いていくことが大切です。

あちらの世界ばかりを過剰に神格化して、この世を軽視することのないよう、どちらも区分けなく包括して考えていくことが必要です。

私たち人間は、「肉体を持った霊」なのですから、私たちがこの世で生きていること、それ自体が、すでに霊的活動であるという前提で、「いかにして、生きるか」を、考えてみてください。

|

« 「ひらめく直感」と、「経験則から導き出す、思考的感覚」 | トップページ | 直感の位置するところは、「理性を超えた場所」です。 »

09.スピリチュアル全般」カテゴリの記事