« 両立できることを、無理に一つに絞らなくてもよい(と思う)。 | トップページ | 複雑に分析しすぎると、悩みが増えてしまうこともある;。 »

2009年11月20日 (金)

霊感が強い人は、どれくらいいるか。

霊感は、大小の差こそありますが、誰にでも備わっている資質です。霊感がゼロの人はいませんし、100%全開の人もいません。

未知のものが見える・聞こえるだけが霊感ではありません。感じ方にはさまざまな形態がありますし、、霊感が強くても自覚がない方も多いです。

霊感の強弱を数値化することはできませんので、私は、「(霊感は誰にでもあるという前提で)平均よりも、強いかor弱いか」という表現の仕方で、ご希望者にはお伝えしています。

私のところにご依頼いただく方のうちでは

1)平均以下の方・・・ ご依頼者全体のうち 0%

2)平均的    ・・・ 10%くらい 

3)平均以上   ・・・ 90%くらい 

4)平均以上の中でさらに、かなり強い霊感体質 ・・・ 30%くらい 

5)職業レベルに発達している ・・・ ほぼ 0%

上記の数字は、私のところにご依頼いただいた方達の比率であり、世の中全体の平均ではありません。

数値を説明しますと、まず、霊的な感性が平均以上の方でないと、そもそもスピリチュアルなことに興味を持ちませんし、お金を払ってまで依頼をしようと考えません。そういう意味で、スピリチュアルなことに意識が向くという時点で「平均以上の霊感をお持ちのがほとんど」となります。多分、この点は、他の方のところにご依頼なさる方の統計も同じ傾向と思われます。

平均以上の方が90%を占める中で、さらに「かなり強い」に分類される方が30%程度いらっしゃいます。

最後の、「職業レベル」の方が、何故いないかといえば、飛びぬけて資質をお持ちの方というのは、「私は、霊感がありますか?」と、霊能者をたずねまわったりはしないものなので・・・。人に聞かなくても、そういう方達は、ご自分でわかりますから。なので、このカテゴリーは、比率がほぼゼロ、となります。

では、霊的な感性の強弱を、どのように見分けているのか・・・という点は、別の機会に書く予定です( ̄∀ ̄)。・・・忘れなければ、書く予定です;。

|

« 両立できることを、無理に一つに絞らなくてもよい(と思う)。 | トップページ | 複雑に分析しすぎると、悩みが増えてしまうこともある;。 »

08.直感、霊感、霊能力」カテゴリの記事