« 複雑に分析しすぎると、悩みが増えてしまうこともある;。 | トップページ | 過去の思い出に、にとらわれすぎないようにしましょう。 »

2009年11月23日 (月)

人生は思い通りにならないことも、あって当然。

スピリチュアリズムとは、自分の欲をかなえるための便利な魔法ではないと、頭の中ではわかっていても、スピリチュアルに求めるものが、やはり魔法のようなこと…になってしまっている方も、たくさんいらっしゃるようだと感じます。

しかし、人生というのは、ある意味、思い通りにならないことの連続です。だからこそ、私たちは、考え、工夫し、向上しようとするのです。その経験から、たましいは磨かれ、成長していく仕組みになっています。

「私の現状は○○○なのですが、どうすれば解決しますか?」というご質問は、割と多くいただく内容ですが、「××をすれば、解決しますよ」というような、ズバリの方法というのは存在しないことがほとんどです。

もしも、人生というものが、本来は順調なものであって、そこに何かの悪い要因が存在するために不具合が起こり滞っている、という状況ならば、要因を特定して排除すれば、もとのスムーズな状態に戻ることができるでしょう。

けれど、先にも書きましたとおり、人生というのは、スムーズにはいかないようになっています。自分のカルマという学びを経験しなければなりませんし、それはときに苦難という形をとって与えられることもあるからです。

だから苦難を我慢しなさい、という意味ではありません。苦難が降りかかるとすれば、それはカルマの法則によりもたらされた、すべて自分が引き起こしたことである、という仕組みを、まずは知っていただきたいのです。その部分の理解をすっ飛ばして、要因だけを除こうとしても難しいと思います。

コピー機に、用紙が詰まって動かなくなったなら、場所を特定して、用紙を抜き出せば、またスムーズに稼働しますが、私たちの人生、私たちのカルマというものは、それほど単純な進行にはなっていません。○か×かのようには、計れるものではないからです。

上記の例でいえば、停滞している直接の原因である、詰まった用紙を取り除くことは、もちろん一番に行うべきですが、同時に、本体のメンテ、つまり私たちの「考え方や生き方そのもの」を見つめ直して「詰まる原因を作っている、本体」を改善・向上させていくことが求められるのです。

|

« 複雑に分析しすぎると、悩みが増えてしまうこともある;。 | トップページ | 過去の思い出に、にとらわれすぎないようにしましょう。 »

10.考え方、感情」カテゴリの記事