« 複雑に分析しすぎると、悩みが増えてしまうこともある;。 | トップページ | 人生は思い通りにならないことも、あって当然。 »

2009年11月22日 (日)

霊感の強さは、どうやって把握しているか(私の場合)。

先日の記事で、「霊感の強い人の割合」について書きました。霊感の強弱について、いろいろな把握の方法があると思いますが、私がどうやって把握しているかの一部を、説明させていただきます。

私は、エネルギー透視、オーラ透視などといわれる、その方独自のエネルギーの状態を読み取る方法で解釈しています。細かく説明するとキリがないくらいにどこまでも細分化されるので、大雑把な説明になりますが、

1)全体的な大きさ 

2)キメ細やかさ 

3)形状

重要視しているのは、上記の3点です。

すべての要素で特徴的な方もいれば、一部の要素のみに表れている方もいればで、それぞれ違いがあります。

まず、全体的な大きさについては、大きいほうがいろいろな想念などをキャッチする面積が広いことになります。また、大きくて勢いがあると、パワーや影響力等にも関係してきます。

キメ細かさも、大きさと同じような解釈になりますが、キャッチし易さの違いです。「バックネット」と「洗濯ネット」の目の細かさを比較して、どちらがより微細なものに感応する性質か、というのがわかると思います。実際には網目というよりも「質感」なのですが、細かい方は感受性の高い敏感な方という解釈をします。

また、形状にも特徴的に表れる部分があります。

私は、上記のような要素から、オーラや波長などの総合的な状態を中心に把握しています。

色については、それほど大きな因果関係はないように思えます。もちろん色も構成要素のひとつではありますが、「○色があれば、霊感が強い」のように、色に左右されるものではありません。

精神性の高い色を備えている方(例えば紫系とか)に、霊感を発揮する方が多い傾向はあるのかもしれませんが、他の色でも霊感が強い人はいらっしゃいます。

私は、上記と波長を読み取る方法とを並行して解釈しています。オーラも波長も、すべての要素は連動していますから、総合的に把握して(私のわかる範囲で)お伝えしています。

|

« 複雑に分析しすぎると、悩みが増えてしまうこともある;。 | トップページ | 人生は思い通りにならないことも、あって当然。 »

08.直感、霊感、霊能力」カテゴリの記事