« 「あの頃」に、戻りたい? | トップページ | リーディング力を磨くには。 »

2009年10月12日 (月)

ヒーリングの基礎を身につけるには。

ヒーリングの技法を身につけるには、まずは、「力のある方に、基礎を習う」ことが、一番の近道だと思います。

独学でもやれないことはないでしょうが、私は、ヒーリングに関しては、「実力のある方に、指導してもらう」ことを、お勧めしています。ここでいうヒーリングとは、いわゆるハンドヒーリング、エネルギーヒーリングをさしての話です。

かなりの高いレベルになると、リーディングとヒーリングに明確な区分けはなくなり、高度のヒーリングができる人は(それだけ、霊媒力も高いわけですから)、リーディングもできるでしょうし、逆もまた同じです。

その前段階の(笑)、一般的な、「リーディング」と「ヒーリング」については、それぞれの特性はありますので、あえて分けて考えるならば、という意味で理解してください。

ヒーリングは、階段の、最初の一段か二段を、「まずは、型を習う」ことで、上れるものだと私は思っています。そして、三段目以降から、その人なりの資質が発揮されていくという形になっている気がします。つまり、指導されて習得しやすい部分は、「基礎」にあると感じるのです。

一方、リーディングは、ヒーリングを教えてくれる所はたくさんあるけれど、リーディングを教えている所はほとんどないことからも分かるように、「一定の型」が、通用しにくい分野です。リーディングの場合は、すでに資質を発揮していて、階段の五段目くらいにいる方が、さらなる「応用」として「型」を取り入れるような場合に、「人から、技法として習う」ことが、有効な気がします。

サイコメトリーとは、品物が帯びているエネルギーから、持ち主の情報などを読み取る技法です。この技法を練習すること自体は、初心者でも可能でしょうが、この技法を基礎として、リーディング方法を構築して積み上げていくというのは、・・・難しいと思うのですよね。

ヒーリングは、「型」を習うことで、自分の資質を発揮するための基礎を作る上で、スタート地点の底上げがなされる部分があり、リーディングは、「練習」としては、「型」もいいけど、実践で使うとしたら、ある程度の力を発揮している人の上乗せ要素かな、と。あくまで、私なりの感覚、ですが。

私はまだヒーリングをメニューに入れていないのですが、ヒーラーになりたい方は、まずは、力のある人を見つけて、技法を習っていくことが、一番の近道である、というのが私の考え方です( ̄∀ ̄)。

|

« 「あの頃」に、戻りたい? | トップページ | リーディング力を磨くには。 »

02.ヒーリング」カテゴリの記事