« 性格は、生まれたときから決まっている? | トップページ | 間違った選択をするのではないかと、不安な方へ。 »

2009年9月 6日 (日)

スピリチュアリズムは、「サプリメント」ならぬ、「昆布だし」のようなもの。

江原さんは、パワーストーンや、ハウツー的要素の強いスピリチュアル関連のことをさして、「サプリメントのようなもの」という表現をしています。

あくまで(スピリチュアリズムの本質ではなく)補助的な作用と分かった上で、活用するものですよ、というところでしょうか。

スピリチュアリズムの本質とは、もっと包括的なものであり・・・、「○○をすれば、幸せになれる」のような、マニュアル的要素は、そのうちの「ほんの一部」を、分かりやすく「おかゆ仕立て」にしたものです。

石などのグッズが「サプリメント」ならば、スピリチュアリズムは、きっと、「昆布だし」のようなもの、じゃないかな、と(笑)。これは、江原さんの発言ではなく、私が勝手に解釈したものですが(笑)。

「基本」であり、「本質」でもあるけれど、実際に目で見て、認識できるようなものではないところが、同じだと感じます。

「昆布だし」が入っていることを、認識していなくても、それはちゃんと「味の深み」として作用します。さらに、昆布の仕組みを知れば、最適な使い方ができて、「味わいの深さ」を実感しますから、サプリメントをあまり必要としなくなっていくと思います。

でも・・・、「だし」だけでは、ダメなんですよね。「だし」を、材料に反映させて、「料理」をしていかなければ。「料理」があってこそ、「だし」が、活かされるのですから。

|

« 性格は、生まれたときから決まっている? | トップページ | 間違った選択をするのではないかと、不安な方へ。 »

09.スピリチュアル全般」カテゴリの記事