« 霊聴…ではなかった話(笑)。 | トップページ | 周囲の人を観察して、自分の糧とする。 »

2009年8月 5日 (水)

過剰な批判をすることによる、自分への影響(憑依)。

批判をする目的とは、裏を返せば、「自分を肯定したい」のだと思います。

「あなたは、間違っている!」と叫ぶことはつまり、「(あなたは、間違っているが)自分は、正しい!」という、主張なのだと感じます。

自分が正しいことを行うのも、また、そのことを広くアピールするのも、自由に行ってよいことだと思います。けれど、そのために、他人への批判をセットにする必要はありませんよね。

「あなたは、間違っている!」という前提なくして、「自分が正しい」ことは、成り立たないならともかく・・・、他者を批判しなければ、自己の正当性を証明できないことはないはずです。

また、冷静に指摘することと、声高に悪口を言うことは、同じではありません。たとえ、述べている内容が的を得ていたとしても・・・、過剰なバッシングには、まともな人からの共感は、得られないと思います。

批判を続けていると、(最初は、正しいことを述べていても)だんだんと、その言動が「批判のための、批判」になり・・・、つまり、「批判そのものが目的」となり、自分が本来述べたかった主張は置き去りにされていきます。

そうすると・・・、波長は下がっていきます。波長が下がっていけば、「下がった波長に見合ったもの」を、引き寄せるようになります。批判ばかりしている人に、オーラの明るい人はいません。けれど、波長を下げるような批判という行動を、わざわざ行っているのですから、誰のせいでもなく「自分のせい」です。

そこからはもう、悪循環で・・・、言動はエスカレートしていきます。どんどんおかしなものを引き寄せ・・・、憑依霊と一体になって、「言わされる」からです。

そうなっても、憑依した霊が一方的に悪いのではありません。もともと、本人が持っている要素が、憑依により色濃くなっただけであり、降ってわいた新たな災難ではないからです。

しかしその場合でも、いつか、自らの行いを「気づかされる」ときが来て・・・、目がさめれば、本来の明るい自分に戻ることも出来るでしょう。悪影響を呼びよせるのも、断ち切るのも、「自分しだい」ですから。

自分の主張したいことを際立たさるために、スパイス的に比較や批判の色合いを用いることくらいは、「方法」「戦略」の一貫として、限度をわきまえれば、ある程度は、使われることなのかもしれないと、私は個人的にはそう思いますが、その比率には、よくよく気をつけた方がいいと思います。

|

« 霊聴…ではなかった話(笑)。 | トップページ | 周囲の人を観察して、自分の糧とする。 »

09.スピリチュアル全般」カテゴリの記事