« オーラの把握の仕方。 | トップページ | 保証人を引き受けるとき。 »

2009年7月22日 (水)

「子供のころを思い出すと、自分のやりたいことが見えてくる」、その理由。

江原さんの本の中で、「自分の資質や得意なことを知るため、または、自分が何をやりたいのか分からない人は、子供のころに好きだったことや得意だったことを思い出せばいい」という記載が、頻繁に出てきます。今回は、このことについて、さらに掘り下げて書かせていただこうと思います。

理由は、大きく分けて、2つあります。

まず、ひとつめは、「子供のころは、素直に、好きなことに取り組むものだから」という点です。大人になると、何をするにも理由をつけます。「こんなことをしても、時間の無駄になる」「もっと上手な人と比較されると恥ずかしいから、やらない」「○○のほうが好きだが、××のほうが得をする」・・・等々、周りの視線や、損得勘定で、判断をしてしまうことが多くなります。

もちろん、そのことが悪いというのではありません。それは、大人として、社会人としての知恵であり、常識だと思います。逆に、社会の中で、「好き・嫌い」の感情論で行動されても、・・・それは、困ったことになります。

何でもすべて、この考えをあてはめなさいというこではなく、「何をしたいか、分からない人」「自分の得意なことは、何だろう?」と思っている人に向けての、「考え方の提示」です。子供のころは、自分が楽しいと思うことに没頭した経験が、誰にもあると思うのです。そのことを思い出してみれば、自分でも忘れていた、楽しいことや才能のかけらを、再発見できるでしょう。

ふたつめは、「人は、自分のたましいの学びに、ふさわしい環境を、選んで生まれてくる」という、スピリチュアルな理由からです。

例えば、伝統芸能を職業とする学びをしたければ、歌舞伎役者のお家などに生まれることで成されますが、一般の家庭に生まれると、道のりは困難になりますよね。野球をやるなら、日本全国さかんですし、学校でも出来るでしょうが、ノルディックジャンプをやろうと思ったら、北海道ならベスト、少なくとも長野あたりに生まれて、ジャンプを練習できる環境で幼少期を過ごさないと、これまた、難しいわけで・・・。

すべては必然で、私たちは、「選んで」この世にやってきています。自分の資質や課題に見合った家族構成や、地域、性別、その他さまざまな事柄を「選んで」生まれてきていますから、子供のころに経験したことには、関連する要素が無数にあるはずなのです。

自分の好きだったことも、家庭環境、家族構成にも、(自ら、選んできたのですから)ヒントが沢山ちりばめられているはずで、「子供のころを、改めて思いだしてみる」ことは、とても有効な方法なのです。

|

« オーラの把握の仕方。 | トップページ | 保証人を引き受けるとき。 »

10.考え方、感情」カテゴリの記事