« 「子供のころを思い出すと、自分のやりたいことが見えてくる」、その理由。 | トップページ | 初対面の人から「蒔いた種」が、返ってくることもある。 »

2009年7月24日 (金)

保証人を引き受けるとき。

知人から、保証人になることを頼まれたら、皆さんはどうなさいますか?

保証人を引き受ける場合には、それなりの「覚悟」のうえで、引き受けることです。それができないならば(そこまで親しくもないとか、相手を信用できない場合など)、断ったほうがいいでしょう。いずれにしても、よく考えて決断するべきことです。

私も最近、知識を得たのですが、「連帯保証人」というのは、借りた本人と「同じ」扱いをされるのだそうですね。借りた本人をすっとばして、連帯保証人に返済を求めても、(道義上は問題があるかとは思いますが;)、法律上は、本人と同じ扱いなので、問題ないくらいに、同等の責任があるのだとか。

断りにくいケースも多いとは思います。親族から頼まれたり、商店同士の付き合いで、お互いに保証人になるケースもあるようですし・・・。

人づきあいとは、さまざまな要素が絡み合って、本当に難しいものですが・・・、保証人になることとは、つまり、相手が「お金を借りる」わけですよね。そのことが、相手にとって、本当に有意義なのか、その点も含めて、慎重に考えてみていただきたいと思います。

|

« 「子供のころを思い出すと、自分のやりたいことが見えてくる」、その理由。 | トップページ | 初対面の人から「蒔いた種」が、返ってくることもある。 »

11.家族、恋愛、人間関係」カテゴリの記事