« 保証人を引き受けるとき。 | トップページ | オーラを浄化する、入浴法。 »

2009年7月30日 (木)

初対面の人から「蒔いた種」が、返ってくることもある。

カルマの法則とは、「自分がしたことは、必ず自分に返ってくる」「蒔いた種は、(よくも悪くも)実る」という、スピリチュアリズムの大原則です。

自分が原因を作ったことが、「どのように」返ってくるかというのは、誰もが一番知りたいところなのですが、それは、あちらの世界の裁量であって、私たちが、自分の好むように、時期や目的を特定することはできません;。

けれど、いつか必ず何かの形で返ってくることは決定事項です。これは、絶対の法則ですから、変えられません。そして、「意外なところから、返ってくる」のが、この法則の面白いところでもあり、わかりにくいところでもあるかと思います。

Aさんに親切にしたという、良いカルマは、Aさんから返ってくるとは限らず、全く別のBさんから、返ってくることもあります

むしろ、そのようなケースが多いでしょう。あまり親しくない人や、初対面に近い人から、とても親切にされておどろいたという経験なども、霊的視点で考えれば、(もちろん、その相手個人に感謝はしなければなりませんが)自分がどこかで蒔いた種が実った結果です。

この仕組みを知ると、何かをしてあげた相手に対する執着や恨みの気持ちが薄れていきます。Aさんにたくさんのことをしてあげているのに、全く感謝もされなくても、不満に思うことはないのです。あなたがしたことは、いつかあなたに返ってくるのですから、そのうち、Bさんか、Cさんか、わかりませんが(笑)、・・・誰かを通して、あなたのもとに、徳が返ってくるでしょう。

以下の「構図」も、是非、理解なさってください。あなたが、Aさんのために奉仕したことが、(Aさんには感謝されず)Bさんから返ってきたとします。あなたとしては、「自分がしたこと/返ってきたこと」の、プラス/マイナスのバランスは取れたことになりますよね。

では、Aさんは受け取る一方でプラスだけとなり、Bさんは、あなたに奉仕をしてマイナスとなり損をしたことになるのかというと・・・、そうはなりません。

それは、あなたからみた、平面的な状況が、そう見えるだけであり、カルマの法則とは、「自分がしたことが、自分に返る」のですから、Aさんは、あなた以外の誰かに、いただいたものを返すことになるでしょうし、Bさんも、他の方から何かを得るのでしょう。

そのように、カルマの法則とは、1対1の当人同士の間に限らず、広く、網目のように複雑に綱がっている関係を通してもたらされ、やりとりがなされるようになっています。しかし、プラスとマイナスの帳尻は、必ずあっていくのです。まかない種が実ることはないのですね、誰にとっても、どんな場合でもそれは変わりません。

|

« 保証人を引き受けるとき。 | トップページ | オーラを浄化する、入浴法。 »

05.カルマの法則」カテゴリの記事