« 除霊は、苦手です( ̄_ ̄;)。 | トップページ | 好きな人の気持ちは、自分で確かめるしかない。 »

2009年6月 3日 (水)

分かっていても、出来ないことも、ある。

スピリチュアリズムの法則を、実際の状況にあてはめて、「こうしたほうが、望ましいという理想的なこと」があったとして、誰もが、そのとおりに行動できるとは限りません。分かっていても、できないことは、あると思います。

感情的な問題(変化への抵抗感など)だけでなく、物理的な状況により、そうすることが難しいという場合も、あると思うのです。

例えば、自分の苦しい状況が、「許容範囲を超えた結婚生活からくる問題」だったり、「仕事の過剰な負担」が引き起こしていると、わかっていたとしても、経済的な事情などで、それらを変えることが難しい人も、いると思うのです。

「お金に縛られて、パートナーの奴隷になることはない」「自立心を持つべき」「変化を恐れない」ことは、どれもそのとおりだけれど、・・・スムーズに行かない場合も、あるものです。

それらの具体的な事例は、多岐にわたりますので、一概にはまとめられませんが、事情は、人の数だけあります。今の現状は、長年の蓄積によって作られたものですから、すべてを一気に変えることのほうが難しく・・・、理想どおりの行動がとれない状況だからといって、そのことが悪いわけではありません。

「人の目なんか気にするべきではない、自分の人生だ」とはいっても、人口が少ない地域に住んでいる場合と、100万都市に住んでいる場合とでは、「人の目」の度合いも、違うわけですから。

判断の時期をもう少し遅らせることで状況の変化を期待したり、すべてを除くのではなく軽減する方法がないか模索してみるなどの方法が、その時点でのベスト、かもしれないのです。頑張りすぎなくて、よいのです。

ただ、「状況が許さないから、無理をしない」ことと、「リスクが怖いので、現状に甘んじる」ことは、まったく別の話であり、混同しないように、よくよく注意しなければなりません。

|

« 除霊は、苦手です( ̄_ ̄;)。 | トップページ | 好きな人の気持ちは、自分で確かめるしかない。 »

10.考え方、感情」カテゴリの記事