« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月の6件の記事

2009年6月17日 (水)

自分のお子さんを愛せない場合。

「自分が産んだ子は、無条件にかわいいもの」・・・と誰もが感じるように、一般的に思われていますが、実際には、そう思えない方というお母様もいらっしゃいます。

数人いるお子さんたちを、同じように愛せず、上の子だけがかわいいとか、息子とは気が合うが娘とは気が合わない、という場合などもあるようです。

そのようにおっしゃるお母様たちも、子供さんが嫌いなわけでなく・・・、しかし、世間一般にイメージされるような、「無条件の母性愛」を持ってお子さんに接することができない、と。

元々の性格上、子供さんを含め、血縁というものに、とてもクールな感性をお持ちでいらっしゃる方もいますし、ご自分の幼少期にご両親と感情的な葛藤があり、そのことがトラウマとなって、お子さんとの接し方が(精神的な部分も含めて)分からないという方もいます。

母親にとって、同性の娘とは、自分の分身のようなもので・・・、自己否定の気持ちが投影されて、かわいがれない場合もあるようです。自分の欠点を見せられているような気持ちになるのでしょうね。

また、自分が幼少期に、親との関係に問題を抱えていた方は、嫉妬心から冷たく接してしまうこともあります。自分が子供をかわいがると、その子だけが(母親から愛情をもらうことで)得をして、自分が(親に大事にされなかったのに、子供に愛を注ぐと)損をするような気持ちになってしまうみたいです。

ですから、母親となった全員が、子供さんに対して「同じような、感覚」で、愛情を持つようになるとは限りませんから、お子さんに対してクールになってしまうご自分のことを、あまり責めなくてもよいと思います。

ただ、ご自分の感情とは別の観点で、「母親としての愛情」は、不足のないようにお子さんに注がなければならないと思うのです。様々な事情から、お子さんを愛せないと感じてしまう場合でも、果たさなければならない、一種の義務のようなものだと思います。

「子供に深い愛情を持てない」というのは、個人的な感情ですよね。子育てとは、個人的な感情を超えたところにある、「無条件の愛」を持って、取り組む、大きな意義のある、「お役目」だと思います。

そうやって、徹していくことで、感情も変化していくかもしれません。年月がたって、子供が成長し、「大人同士」になったときに、今とは別の形で分かりあえることもあるでしょう。

少々長い目をもって、「その日」を楽しみに、今を乗り越えていくのも一つの考え方だと思います。

また、カウンセリングを受けたり、ご自分で幼少期からの経験を分析して、「なぜ、そう感じるのか」という理由を見つけて、納得することもよいでしょう。

その原因となることが判明しても・・・、次の瞬間に、子供に対するわだかまりが解氷して、愛が満ち溢れてくる…とは限らず、そうはならないケースのほうが多いかもしれません。理解や納得と、感情とは、また別の部分もありますから。けれど、納得ができることの意義は大きいので、そこから、少しずつ、良い方向に変わっていけることも多いものです。

どちらにしても、自分を責めすぎることは、ありません。ご自分の人生の中で、うまくいかないこと、スムーズに運ばないことこそが、あなたが今回の人生で決めてきた「たましいの課題」なのです。最初から、「母親」になれる人は、いません。誰もが、悩み苦しみ・・・、実際の経験から、「母親になっていく」、のではないでしょうか。

|

2009年6月10日 (水)

霊にも人権がある?

江原さんが、「私は、霊の人権擁護活動をしている(笑)」などと、よく、冗談半分で、お話になっています。新潮文庫:もっと深くスピリチュアルを知るために ~江原啓之  に、以下のような記載がありました。

私は、死後の世界の人たちを偏見や差別から守りたいんです。皆さんだって、しんだらそう思いますよ、ひどいって。だって、幽霊が怖いというけれど、自分の身内も怖いんですか?(中略)・・・それを、「怖い、不気味、気持ち悪い」。それは、失礼です。(中略)・・・これからは、変な迷信に振り回される時代じゃありません。そのことを理解していただきたいんです。 ---P33 講演会再録より引用

ここまでを、前置きとして、霊の人権?に関して、私なりに、「なるほど、そういうことか」と、自分の経験から解釈していることがありますので、その点を書かせていただきます。

このブログ内の、「私の体験カテゴリ」で書いていることは、面白おかしく読める(つまり、軽い)内容か、時期が相当に以前で、ほとぼりが冷めてそうな話、もしくは、強いメッセージ性があり、広く読んでいただくべきと判断したもの、だけを、選んで載せています。

扱うネタは、私が独断で決めているのではないみたい・・・、です。その辺は、あえて表現をぼかしておきます(笑)。決して、「書きなさい」と、強制されているわけではないので。

そして、書けることと、そうではないことの区分けらしきものがある、その理由のひとつに、「霊の人権」・・・のようなものが、関係しているのではと思っています。

正直、手持ちのネタは、山ほどあります(爆)。けれど、具体的に、「こんな出来事があって・・・、こういう霊に遭遇して・・・、その出来事の理由というのが・・・」的な話を、書こうとすると、

後ろの人から、「NO」の合図が出されてしまいます・・・。

仕事に関することで(この、ブログも)、私にとって、この「NOの合図」は、「絶対」なので・・・、そうなったら、書き続けることはできません;。なぜ、ダメなのか、という理由までは教えてくれないので、自分で想像するしかないのですが、きっと、「肉体をなくした霊であっても、その霊個人のことは、うかつに書くべきではない」という意味でのストップの合図だと、私は解釈しています。

もちろん、私が「こんなことがあって・・・」と書いたところで、霊の(生前の)身元などが特定されるものではないでしょうけど、・・・でも、自分がその立場だったら、やっぱり、そっとしておいてほしい部分もあるかも・・・と。

そういうことが、何度となくあり・・・、「濃い話」は、今のところ、ここには書く方向に、ならないようです。いわゆる「心霊現象」というものは、必ずしも怖いものではないし、ちゃんとそうなる意味があって起こることとはいえ・・・だからといって、何でも書いていいわけではない、それは、生きている私たち人間とおなじように、それこそ、「人権」みたいなものが適用されるべきこと、なのだろうな・・・と、そんな理解を、私なりにしています。

私としては、このブログの内容が、あまり硬い話ばかりだとアレかなぁ・・・?と考えて、「その手の話」を、たまに取り上げようとするだけなのですが、でも、「NO」と言ったら、もう「絶対」ですから、えぇ;。ちなみに、この記事を書くだけでも、相当にダメ出しされて・・・、すごい労力掛かってます;。

|

2009年6月 8日 (月)

より多くの、スピリチュアルなサポートを得るためには。

私たちは、日々、いろいろな形で、あちらの世界からの導きやサポートを受けているものです。どうやったら、より多くのサポートを得られるか、誰もが知りたいところだと思います( ̄m ̄‾*)。

ズバリ申し上げると、「自分のたましいの質にふさわしい方向性を見極めて、行動する」ことです。それが、多くのサポートを授かる、何よりのコツです。

たましいの質に合っていることとは、ガイドスピリットの得意分野と、より重なりやすい、電波の周波帯がより広範囲にわたってキャッチできやすいようなもので、たくさんのインスピレーションを感じ取ったり、不思議なことが起こりやすくなるのです。

といっても、ガイドスピリットが、「この人は、自分のたましいの質にあっていることをしているから、たくさん導きを与えてあげよう!」とか、逆に「違う道にいっているから、協力しない!」とかの、感情論で動いているわけではなくて(笑)、私たち人間側の、受信しやすさの問題です。

たましいの質に合っている事柄については、発信局が近く、そうではない事柄については、遠くの発信局から受信しなければならないので、近い場合と比較して、スムーズではないこともある、という感じですかね。

とてもシンプルな仕組みです。広い解釈をすれば、これも「波長の法則」だといえます。波長が、より広範囲で重なれば、たくさんものもが得られる、という理解はたやすいと思います。

私は、この仕事をはじめて、おかげ様で1年が過ぎました。スピリチュアリズムを学び始めて2年たったところで、開業しました。それ以前は、スピリチュアルにさほどの興味もく、これが霊感だとも意識することなく(鈍;)、まったく下地のないところから、2年間という期間で開業に至ったのは、私自身が備えている、たましいの質からすると、スピリチュアルな世界が、「得意分野」だったからこそ、と思っています。

あちらの世界の協力なくしては、このブログも書けませんしね。サポートは、サポートであり、実際に切り拓いていくのは、自分自身なのですが、「見えない協力」は、私たちが思っている以上に大きいものです。

|

2009年6月 5日 (金)

好きな人の気持ちは、自分で確かめるしかない。

好きな人が、自分のことをどう思っているかを、事前に知りたい。誰もが、出来ることなら、そうしたいと思うことでしょう。

そのお気持ちは、とてもよくわかります。でも・・・、好きな人の気持ちは、自分で確かめるしかありません。何とかして、自分に対する好意があるかを事前に確かめてから、行動に移したい。そう願う気持ちは理解できますが・・・、残念ながら、ムリなものはムリなのです・・・。

性格や資質の一部を知ることができることと、特定の事項に対する意識や感情までをも把握できることは、同じではありません。

「この人は、やさしくて、受け身なタイプの方ですね」など、性質に関する部分(あまり変化しない部分)がわかったとしても、「この人は、チョコレートなら、ビターよりもスイートのほうが好きみたいですよ」とかの(笑)、細かいこと、個別の嗜好までは、把握のしようがないのです。

ものすごく、大きなとらえかたで、「恋愛感情かは不明ですが、少なくとも好意的には思っている」とか、「まったく、無関心っぽい」くらいまでは、場合によっては分かることもあるかもしれませんが・・・、私では、そのくらいが限度だと思っています。

自分の欲にかかわる質問は、あちらの世界も、あんまり反応してくださらないんですよね・・・、だから、お答のしようがない、という。私の場合は、ですけどね。

この業界も、いろんな方がいますから・・・、分かる力のある人も、探せばいるかもしれませんが。でも、「相手の気持ちを自分で確かめる」よりも、「相手の気持ちを見抜ける力のある人を探す」方が、何倍も難しそうなので(笑)、やはり、勇気を出して、自分で確かめることが大切です。

|

2009年6月 3日 (水)

分かっていても、出来ないことも、ある。

スピリチュアリズムの法則を、実際の状況にあてはめて、「こうしたほうが、望ましいという理想的なこと」があったとして、誰もが、そのとおりに行動できるとは限りません。分かっていても、できないことは、あると思います。

感情的な問題(変化への抵抗感など)だけでなく、物理的な状況により、そうすることが難しいという場合も、あると思うのです。

例えば、自分の苦しい状況が、「許容範囲を超えた結婚生活からくる問題」だったり、「仕事の過剰な負担」が引き起こしていると、わかっていたとしても、経済的な事情などで、それらを変えることが難しい人も、いると思うのです。

「お金に縛られて、パートナーの奴隷になることはない」「自立心を持つべき」「変化を恐れない」ことは、どれもそのとおりだけれど、・・・スムーズに行かない場合も、あるものです。

それらの具体的な事例は、多岐にわたりますので、一概にはまとめられませんが、事情は、人の数だけあります。今の現状は、長年の蓄積によって作られたものですから、すべてを一気に変えることのほうが難しく・・・、理想どおりの行動がとれない状況だからといって、そのことが悪いわけではありません。

「人の目なんか気にするべきではない、自分の人生だ」とはいっても、人口が少ない地域に住んでいる場合と、100万都市に住んでいる場合とでは、「人の目」の度合いも、違うわけですから。

判断の時期をもう少し遅らせることで状況の変化を期待したり、すべてを除くのではなく軽減する方法がないか模索してみるなどの方法が、その時点でのベスト、かもしれないのです。頑張りすぎなくて、よいのです。

ただ、「状況が許さないから、無理をしない」ことと、「リスクが怖いので、現状に甘んじる」ことは、まったく別の話であり、混同しないように、よくよく注意しなければなりません。

|

2009年6月 1日 (月)

除霊は、苦手です( ̄_ ̄;)。

「霊感」「霊能」といっても多岐にわたり、人により、資質が違いますので、「得意分野」が、あります。そして、「苦手な分野」も、あります。

私は、除霊・浄霊関係は、苦手分野です( ̄_ ̄||)。もともとの資質と、得意分野との因果関係は、体系立てて説明が出来ることなので、いつか、別の機会で、書いていければと思います。

ここでは簡単に触れるだけにしておきますが、霊媒的な素養が強い人ほど、(特にキャリアが浅いうちは)除霊を苦手とすることが多いと思います。

霊能者とよばれる人たちや、霊感を全面に打ち出した仕事をしている人たちは、誰もが少なからず、そのような体質と言えます。何らかの形で、霊を媒介して仕事をしているわけですから。そして、その中においても、「特に、霊媒系統な人」、がいるわけですね。江原さんが、代表的です。・・・私も、区分としては、明らかに霊媒系統です( ̄∀ ̄;)。あ、霊能力の強さや、実力の話ではないですよ、それはもう、天と地ほどに違うし(笑)。霊媒体質度「だけ」の話、です。

強度の霊媒体質者は、もともとの構造が、霊がとっても入りやすい、なじみやすい体質に、作られているようなものですから(泣)、ある意味においては、この仕事に向いている、霊を媒介しやすいので、その資質を活かして仕事がやれるのでしょうが、そのなじみやすい資質が、除霊に関しては、逆に作用してしまうわけです;。

江原さんの本を読むと、若いころは除霊ができなくて、何かあるとすぐに体調を崩して寝込み、滝行などで鍛えて出来るようになった、という記載が出てきます。私は、その感覚が、理解できます。霊媒体質すぎると・・・・、そういうものなんですよね。江原さんほどの実力者でも・・・。

私は、実力もないし、キャリアもないので( ̄_ ̄;)、未だにまったく苦手であり、現状、できるようになる兆しがありません(爆)。

「では、クライアントさんに除霊の必要が生じた場合、対処できないのか?」というと、それは、大丈夫です。霊障・・・とはいかないまでも、ネガティブなエネルギーをいっぱいつけていらっしゃっても、それらは、ほとんど、きれいに除かれて、お帰りになっていただけます。

なぜなら、私が、全部、引き受けているから、です( ̄_ ̄;)。

私が意図的に仕向けているのではないですが、・・・結果として、私が、ほとんど吸い取っている状態になります。一応、クライアントさんからは、除かれますよね;。状態は、ともかく(笑;)。

私の意思では、一切コントロールができません。自然に、そうなってしまいます。これはもう、「そういうもの」だと思っているので、私としては「想定内」ですね。スピリチュアルな仕事をするなら、霊的影響は、避けて通ることは不可能ですからね。皆、そうですから。この仕事をしている誰もが、「自分を立て直しながら、何とかやっている」、のが現状だと思います。

その後、私が「引き受けた状態」を、どうするかというと、以前にも書きましたが、憑依って、「いかにも除霊というワザ」を使わなくても、自分の波長が持ち上がれば、自然に(霊との波長が、断ち切れるので)取れますので、波長を上げる方法をいろいろ行ったり、時間が経つといつのまにかとれていることもありますし(とれないことも、あるけど;)・・・。ゆっくりして、自分のもともとの波長に戻れば、撥ね退けられるので、リラックスの時間をとったりします。

以前は、HP内の記載で、「対処できないこと」の中に、「除霊や浄霊に関すること」という一文を入れていましたが、先日、この記載は、省きました。・・・意図的には出来ないけど、「実際には、一応、成されている」と、言えないこともないので、とりあえず省きました。(私は、出来ないことは出来ないと、はっきり言う主義なので、私の力が及ばない範囲についても、記載しています)。

この記事を読んで、「自分が依頼することで、迷惑になるのではないか」「負担になるのでは」とかは、ぜんぜん気にする必要はないです。なぜなら、不安や心配があるからこそ、ご依頼をいただくのであり、そういう意味で、お越しになる方で、エネルギー状態がベストの方は、ほとんどいらっしゃらないのからです。

それに、私の霊媒体質は、昨日今日始まったわけではありません(笑)。もう、ずーっと、こうなんだから、これが、普通で、一生続くのだから・・・、日々、努力を重ねて、自分の波長を持ち上げることを、心がけるのみ、です。

頑張れば・・・、きっといつか、なんとかなるはず・・・と、信じたい(願望)。頑張れ、自分!( ̄_ ̄*)。

|

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »