« 守護霊は、あなたのすべてを知っています。 | トップページ | 全部、自分の波長が引き寄せている。 »

2009年5月 8日 (金)

実はよくある、「憑依」現象。

霊に取りつかれることを、「憑依」といいます。なんだかとっても、恐ろしい言葉に思えますが、実は・・・結構、よくあることだったりします;。

ひとつ断っておきますが、憑依という現象に対して、「よく、あること」という方と、「めったに、ない」という方がいるとしたら、それ、どちらも正解なのです。

憑依にも、いろいろあります。深刻な、重度の憑依現象というのは、そう多くはありません。「私には、何か憑いているのではないでしょうか?」と、言ってくる人たちのうちの、数十人にひとりくらいではないでしょうか。(なので、ほとんどの場合、気のせいというか・・・、気にしすぎ。または、霊のせいにしすぎ(笑))。

一方、軽い憑依というのは、日常、誰にでもあることなのです。わざわざ言いたてるまでもないくらいに、普通に起こっていることです。もちろん、私にもありますし、このブログをご覧になっているあなたにも、あります。

軽いものを含めると、誰にでも、もれなく当てはまってしまうので、普通は、深刻な状態に対して、使う言葉だと思いますが、そんなケースは少ないので、あまり惑わされないほうがいいと思います。

決して好ましいことではないにしろ(笑)、日常、普通によくあることだという「知識」を持っていれば、いわゆる霊感商法や、除霊をするといって高額な金銭を要求するような人と、係り合いにならずに済みます。

憑依現象も、(軽いものも、深刻なものも)、「波長の法則」により、引き合って起こる現象なので、悩んで暗くなっていたり、他人を妬んだり恨んだり、怒ったりしていると、その状態とおなじ波長をもった未浄化な霊が寄ってきて、憑依という現象が起こるのです。

自分が高い波長を保っていれば、影響されないし、また、仮に一時的に影響を受けても、波長を持ち上げて、ご自分が明るくなっていけば、それだけで、憑依した霊は離れていくものです。

霊的な影響が強すぎて、波長が下がりきってしまうと、そこから自力でもち上がってくるのはなかなか難しい場合もありますので、そこまでになると、プロの霊能者に力を借りたほうがいい場合もあります。

でも、先にも書きましたとおり、そんなケースは、まずめったにありません。ほとんどは、自分でなんとかできる範囲の影響です。

日々、明るく、前向きに、たましいの成長を心掛けていれば、ネガティブな影響を受けることはありませんし、仮にあったとしても、一時のことで、すぐに回復するでしょう。

|

« 守護霊は、あなたのすべてを知っています。 | トップページ | 全部、自分の波長が引き寄せている。 »

09.スピリチュアル全般」カテゴリの記事