« 初めて、霊を見た時;のこと。 | トップページ | 除霊は、苦手です( ̄_ ̄;)。 »

2009年5月25日 (月)

「すべて」は、手に入らない。

人生、山あり谷あり。楽あれば苦あり。何かを得れば、何かを失う。人生のしくみとは、そのようになっています。

お部屋をものすごーーくキレイに片付けようとすれば、体力と時間が消費されます。欲しいものを購入すれば、お金が減ります。かならず、バランスがとられるようになっているものです。このような例は、スケールが小さすぎて、わかりにくいでしょうか(笑)。では、もうちょっと広げて職業を例にとって、考えてみます。

芸能人は、才能があって、人気があって・・・と、華やかな面ばかりがクローズアップされますが、実際には、かなり窮屈な思いもしなければならないでしょう。どこに行っても、人の目を意識しなければならず、一般の人なら何のことはない小さなトラブルでも、問題視されてしまう、やれ誰と誰が付き合っているだの別れただの、プライベートまでが、ニュースとして扱われます。

プロのスポーツ選手も、成功すれば大金が得られますが、選手として活躍できる期間は、人生のうちのほんの一時期です。コンディション維持のために、きっと、私たちが思いもよらない努力をしているものと思います。

多くの方が憧れる立場にいる方たちは、その分、費やす時間や努力も、並大抵ではなく、得ているものの変わりに、失っているものも、相当にあるはずなのです。

そのすべてを、部外者が知ることはできないけれど・・・、「想像する」ことは可能です。感性の問題ですよね。感性が豊かならば、相手の身になって考えることができます。

この仕組みを理解すると、あまり他人を羨ましいと思わなくなります。「いいなぁ~」と思うことは、同時に「・・・大変だなぁ~」という何かが、裏にあることで、成り立っているはずですから。

山あり、谷あり。楽あれば、苦あり。困難の後には、成長があるはず。物事がうまくいかないとき、苦難に遭遇しているとき、何かを失ったときには、必ずそのあとにチャンスが来ることを信じて、日々前向きに頑張り続けることが大切です。

|

« 初めて、霊を見た時;のこと。 | トップページ | 除霊は、苦手です( ̄_ ̄;)。 »

10.考え方、感情」カテゴリの記事