« パン好き幽霊? | トップページ | 大切なのは、「カルマの仕組み」をしること。 »

2009年2月 8日 (日)

誰もが、一生懸命に生きています。

自分だけが苦労をしていて、他人は楽に生きているように思えてしまうことがあります。人は誰でも自分を中心に考えてしまうものだからです。

しかし、実際には、誰でも、その人なりに、一生懸命に生きているものです。「私は、こんなにも○○○をしているというのに、他人は分かってくれない」と、つい思ってしまいがちですが、しかし、相手から見れば、同じように、「なぜ、私だけがこんなに我慢を・・・」と、思っていたりするものです。

ただ、耐性ができている人と、そうではない人がいて、精神の成熟度に差があるのは事実です。今までの人生経験、たましいの成熟度、その他いろいろな要素により、ちょっとのことでも立ち止まってしまう方もいますし、大変なことでも自力で立ち向かっていく方もいます。

人は、自分よりもほんの少し、たましいが幼い方を見ると、目に付いて、イライラして、ひと言、口にしたくなってしまうもののようです(たましいのレベルに、格段に差が付いている場合は、あまり気にならないようなのです)。

しかし、どんな人も、いつかは分かります。いえ、「分かるように、さられる」のです。その方に相応しい時期に、相応しい学びが配置されるからです。

あなたが、相手の幼さを、わざわざ、あげつらう必要はありません。こういう言い方は何ですが、指摘の内容をすぐに理解できるなら、最初から分かるはずで・・・、「そうではないから、(現状)出来ていない」のです。

また、大人になったら、そう簡単に、他人の意見に、はいそうですか、・・・とは、ならないものです。もし、自分が、言われる立場だったら・・・と考えれば、容易に想像がつくでしょう。自分が言われたら反発することに、他人は従うべきだ、という考え方は、自己中心的すぎますよね。

自分のできる範囲で、相手のためを思った一言ならば、大変に有益となる可能性もありますが、なかなか理想と現実には開きがあるものだと思います。

いろいろ言いたくなるのは、(相手の考え方が幼いからではなく)自分が精神的に未熟だから、かもしれません。スピリチュアリズムの観点から考えれば、そうなります。

スピリチュアルな感性が高まれば、批判や裁きの気持ちからは、自然に遠ざかるものだと、私は思っています。相手の幼さや甘さを指摘したくなったら、それは相手の問題ではなくて、「自分の問題」ではないのかと、胸に手を当てて、よく考えてみることだと思います。誰もが皆、一生懸命に、生きているのですから。

|

« パン好き幽霊? | トップページ | 大切なのは、「カルマの仕組み」をしること。 »

11.家族、恋愛、人間関係」カテゴリの記事