カテゴリー「04.メッセージ」の5件の記事

2017年4月16日 (日)

それの価値を、あなたは知っています。|スピリチュアルメッセージ。

71920596_s
「それ」を、手から放せば、あなたは軽くなり、自由になります。

「それ」を、手にしていると、あなたは制限され、負担がでてきます。


そうとわかっていてもなお、あなたは自分の意思で、それを手にしているのだから、

あなたにとって「それ」は、何らかの価値があるということです。


負担は、表面にあるので目立ちやすく、

価値は、奥深くにあり、気づきにくいことがあります。

重さが負担だと思えても、重さが「安定」を与えてくれていたり

制限されているように思えることも、制限が「判断基準」を作ってくれていたり、

毎日の、間接的な助けになっているものもある、ということです。


そのことを、心の深いところでは、わかっているからこそ、

負担に思う気持ちがあってもなお、それを手にし続けているのです。


あなたの周囲にあるもの、あなたが手にしているもののすべては、

深い意味を紐解いていけば、どれも

「確かな価値」のある、必要なものだということです。

 

★ブログランキングに参加しています。記事が役立ちましたら、バナーをクリックして投票をお願いします

 

◆リーディングのご案内など:https://www.rikako-web.net/

◆スピリチュアルコラム(過去記事):http://spiritual-teaching.com/

| | コメント (8)

2016年7月17日 (日)

指導霊からのメッセージ。

14173577_s_2
『自分のいいところを認め、相手のいいところを見るようにすれば、その人間関係はうまくいくのです。「自分が悪い」と思ってしまうときは、自分のいいところを認めていないときです。「相手が悪い」と思ってしまうときは、相手のいいところを見ていないからです。 』


『時間というしくみはありがたいものです。「思うような使い方ができる、という自由さ画含まれている」からです。使い方が限定されていない、エネルギーのかたまりをあなたたちは与えられているのです。それがどれだけありがたいことか、気づいていますか?』


『 あなたの顔の広さを、もっといろいろな形でいかしてください。あらゆるところに知り合いがいること、連絡をとったり連携したりすることが可能であること。人との繋がりからたくさんの情報があなたの手元に集まっていることを、もっとしっかりと周囲に示してごらんなさい。周囲の人からの、あなたを見る目が以前と違うものになるはずです。』


 ★ブログランキングに参加しています。1クリックお願いします。

| | コメント (2)

2015年6月13日 (土)

指導霊からのメッセージ。

 明けぬ夜はなく、

 終わらぬ冬もなく。

 いずれ、朝日が昇り、

 いずれ、春風がふく。

 年齢を重ねてみて、はじめて分かることがある。

 若い頃には見えぬ景色が、確かにある。

 「憎まれ役」を演じなければならないことがある。

 しかし、その役柄にとりこまれてはならない。

 冷静になること。

 結果は後からついてくると自分に言いきかせて、前を向く。

 ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

★リーディング申込みは、こちら→(メール回答スカイプ通話固定電話

★ブログランキングに参加しています。1日1クリック、お願いします♪

   ↓ ↓ ↓

 

| | コメント (8)

2015年6月11日 (木)

指導霊からのメッセージ。

 今日一日を、無事に過ごしたという幸せを、

 「小さい」と感じるか、「大きい」と感じるか、

 問いへの答えがそのまま、「人としての器」を示している。

 この世の出来事を、霊的に紐解く場合に、

 単純な解釈のほうがふさわしい事柄か

 複雑な解釈を要することか、

 見極めをしていくことが大切です。

 未来とは、どれほど先のことだろうか。

 過去とは、どれほど昔のことだろうか。

 いずれにしても、気が遠くなるほどの時間ではない。

 ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

★リーディング申込みは、こちら→(メール回答スカイプ通話固定電話

★ブログランキングに参加しています。1日1クリック、お願いします♪

   ↓ ↓ ↓

 

| | コメント (0)

2015年1月31日 (土)

「できない理由より、できる方法を。」

Image8812


「できない理由」は、ひとつあればよろしい。

できない理由を、何十、何百と、並べ立てるのはなぜか。

本当はそれをしたいのか?

ならば、すればよろしい。

できない理由を数百持ち出すよりも、できるための方法をひとつ、考えなさい。

それでも、どうしても出来ないならば、

できない理由は、ひとつあればよろしい。

できない理由を、何十、何百と並べ立てる時間を、

それ以外のことに使いなさい。

 ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

★リーディング申込みは、こちら→(メール回答スカイプ通話固定電話

★ブログランキングに参加しています。1日1クリック、お願いします♪

   ↓ ↓ ↓

 

| | コメント (0)