■ インフォメーション ■

セッション可能な日程および、返信までの時間は、以下のとおりとなります。

★メールによるリーディングの場合:

 受付から回答までに、1週間~10日程度掛かる場合があります。
  (17,000円)
 しばらくの間、受付を休止させていただきます。

★スカイプ、または、固定電話によるリーディングの場合:

 対応可能日時は、火、木、土となります。当日の申込みも、空きがあれば可能です。1週間以上先の予約は受付できません。
 (60分:15,000円。延長をご希望の場合は、20分ごとに5000円の追加料金)

★お知らせ(随時、更新します)

※ 6月は、スカイプセッションをお休みします。

※ 7月のスカイプセッションの実施日は不定期となります。決まり次第、こちらでご案内させていただきます。

★無料のメルマガ配信をご希望の方は、こちらをご覧ください。過去に有料鑑定をご利用いただいたことがある方が対象となります。簡単に登録&解除が可能です(*^_^*)。

|

2016年7月 1日 (金)

お金を望む気持ちは、否定するようなことではない。

お金は、ないよりはあったほうが、心に余裕がつくられた状態で過ごしていけることが多いと思います。そのため、多くの人は、ある程度のお金を持っていることを望みますよね。

お金「だけ」を意識し過ぎることは、たとえば、心やたましいという目に見えない領域のものを軽視して、目に見える物質のみで物事を計ろうとする「物質主義的価値観」になりがちですので注意しなければなりません。

けれど、お金とは「単なる便利な道具」に過ぎず、それ自体が良いとか悪いとかで計れるようなものではありません。

スピリチュアリズムに関心が深い方ほど、物質主義への傾倒を戒めるあまり、お金を望む気持ちを「悪いもの」のようにとらえがちですが、それは極端なとらえかたです(^^;)。

お金をどのように扱い、自分の人生をどのように運んでいくかは、この世で生きていく限り、避けて通れない事柄です。

実際に、この世という物質社会において、お金という道具がないと日常生活を送ることが困難になります。

この世の学びを行うために、さまざまな要素がスムーズに流れていく目的の、便利な道具がお金です。例えていうなら、「針の糸通し」のようなものですね。

それ自体の意義にとらわれるのではなく、それを通っていく意味や意義のほうを意識していく必要があると思います。

お金を望む気持ちそのものを単体でとらえて○×をつけることはできませんし、お金があるか、ないか「のみ」を意識しても、偏りが生まれてしまうということです。

(単なる道具である)お金を必要以上に悪いものととらえたり、お金を大事に思う自分を否定したりすることなく、そういうことが気になってしまうなら、「有意義に道具を使い、この人生を深く学んでいこう」という思いへと入れ替えてみたらいいと思います(^_^)。



 ★リーディングのお申込みは、ミディアムリカコのサイトでご確認ください。 

 ★新サイトもご覧ください → スピリチュアルメッセージを、お届けします

 ★ブログランキングに参加しています。1クリックお願いします。

  

| | コメント (0)

2016年6月30日 (木)

当初の予定と違っても、それもまた学びになります。

20277022_s

ものごとをスタートさせて、最初から完璧にうまくいくことはまずないし、すべてが予定どおりに進むこともありません。このことは、いろんな経験から誰もが知っている事実ですよね。

特にスタート直後はそうなります。困難だらけ、問題だらけ、苦労だらけ・・・で、結果も数字もついてこなくて、本当にこれでよかったのか、間違った道を進んでしまったのではないかと、自分の過去の決断や今のプロセスに迷いが生まれるものです。

思考による想定と、実際の結果は違うものです。実際にやってみないとわからないことは山ほどあり、事前に頭の中で思ったとおりにいくことはほとんどありません。

経験の中で、いろんなことに気づき、改善したり、工夫したり、ときには大きく変更したりという、「質を上げる取り組み」を続けることで、少しずつものごとは、一定の方向に動き出していくようになります。

その段階になってやっと、うまくいっている感覚が得られるのではないでしょうか。

思い通りにいかないことにも、メリットはあって、当初に想定していたものとは違う何かが付随して得られたり、まったく別の、もっと自分に合っている道へと導かれていくこともあります

行動する、継続する、質をあげるための工夫をする、その積み重ねの中で実力も身について、気づくことも増えていくことで、当初に予定したものとはまったく違うけれど、もっと自分にあったものが、わかったり得られたりしていくようになるので(^_^)、

そういうこともあると、ふまえた上で、とりくんでいくといいのでしょうね。



 ★リーディングのお申込みは、ミディアムリカコのサイトでご確認ください。 

 ★新サイトもご覧ください → スピリチュアルメッセージを、お届けします

 ★ブログランキングに参加しています。1クリックお願いします。

  

| | コメント (0)

リーディングのご感想|メール回答。

ご利用いただいたKHさんから、ご感想をお送りいただきました(^_^)。

Image7_3メールリーディングをお願いして 心のもやもやが、とてもすっきり致しました。方向性を定める糸口がようやく掴め、あとは、現実をしっかり見つめて分析の上進めるということが、わかりました。

楽しくなくてもいいんだ。わくわくすることばかり探さなくても良いのだ。と思うと楽になりました。自分の心の満足と、仕事に求めるものが、違っても良いのだということが判らなかった故にずっと一歩も出れずにいました。

ここからようやくのスタートですが、 自分の棚卸しをしてみて、私らしく私の出来る事をやっていければと思っております。

指導霊のリーディングでは、 私の指導霊の方の言い回しが、私の思いをよくおわかりだという表現だったので驚きました。と同時に見守ってくださっていることにえもいわれぬ感動と感謝がわきました。

以前お願いした電話のリーディングとはまた違う良さがありました。

また迷うことが有ったらその時は、よろしくお願いいたします。



 ★リーディングのお申込みは、ミディアムリカコのサイトでご確認ください。

 ★ブログランキングに参加しています。1クリックお願いします。

  

| | コメント (0)

2016年6月29日 (水)

「自分が」望みと違うことをしている、と気づいたら改善できます。

好きなものと、合うものが一致しないこともあると、頭では理解していても、心がそれについていかないことがあります。

私は、「青い色の服」がとても好きなので、ほぼ毎年、1枚は青い洋服を買って、・・・しかし似合わないので着ることがないまま、人に譲ったり、流行が過ぎていって処分することになったりしています。プチプラが大多数なので大きな出費にはなっていませんでしたが。

青は、私の「薄い顔( ̄⊥ ̄)」には印象が強すぎて、服に負けてしまうので似合わないと、もういい加減わかっているのですが・・・。

それでも繰り返してしまうのは、「今は合わなくても、いつか合う日がくるんじゃないか」という気持ちがあって、「過去は合わなかったけれど、今は違うかもしれない」と思いたいからでしょうね。

ですが、今年は買いませんでした。もう学びました笑。

「ただ、好きなものを着たい」なら、似合おうと似合うまいと、着ればいいはずですが、そういう選び方をせずに、「やっぱり似合わないから、着ない」とやめるなら、「似合うものを着たい」ということになりますよね。合うかどうかという点のほうを、より重視していることになります。

ならば、似合うものを選ぶべきで、好きを基準にしていては・・・、「自分が」望みと違うことを「している」んですよね。

それに気づいたら、自分の望みと合わない動きは、やめたらいいんだと思えたら、自然と行動がそれに伴うようになりました(^_^)。

自分の望みと、周囲の状況が揃わないときにはイライラしてしまうものですが、それは他人のことを変えられないからです。

ですが、自分の望みと、自分の行動がちぐはぐなときは、自分の行動なら変えられることもあります(内容によるでしょうけれど)。

洋服の選定などはいとも簡単に変えられます。これは一例ですが、こういうことは誰にでも起こり得ることだと思います。ご自分の日常を見直すと、簡単に改善できることがいろいろあるかもしれませんね。



 ★リーディングのお申込みは、ミディアムリカコのサイトでご確認ください。 

 ★新サイトもご覧ください → スピリチュアルメッセージを、お届けします

 ★ブログランキングに参加しています。1クリックお願いします。

  

| | コメント (1)

2016年6月28日 (火)

尽くさないと認められない、という思い込みで自分を制限していないか。

子どもの頃に、下に妹や弟がいたり、両親祖父母ともに忙しいなどの状況で、自分の力で頑張らなければならない経験をしている方に、「自分のことを差し置いて、他人に尽くしすぎになる」ケースがみられます。

そうした状況ではどうしても、自分への大人の関心の集まり度が低くなります。手の掛かる小さい子に掛ける時間が多くなったり、それ以前に両親や祖父母に時間がなかったり。

そんな中、「何かをして役に立って褒められた」り、「成績を上げたときに、評価された」印象が強く残って、自分自身の価値を高めたり、自覚したりする基準が「他人から、役立って褒められること」に限定さてしまうことがあるのです。

そのため、大人になってもなお、どこまでも人のために一生懸命になって消耗します。

自分でも「もう、こんなことはやっていられない。自分の考え方を変えよう」と頭では思うのです。

けれども「そうしないと、自分は相手に認めてもらえないのだ」という恐れが根強くあるので、自分のほうから、相手に求められる以上に頑張ってしまう、求められていなくても先回りして気を利かせて動いてしまいます。

そして、相手から感謝されると「うれしいから、やめたくない」のと、「期待させてしまって、今さらやめられなく」なってしまい、その行動パターンからやはり抜け出すことができなくなります。

こういう場合は、その人自身が「特定の行動によって作られるメリットではなく、自分という存在の価値の認識」をしっかりと信じられるようになることが大事ですね。表面だけのハウツーでは、根本の解決とはならずに、形を変えて、相手を変えて、同じようなことがどこまでも繰り返してしまうこともあります。

自分という感覚が薄い人と、自己肯定感が低い人(で、かつ真面目で優しい人)が、上記のようなことになりやすいです。

自己肯定感を持つこと。何かをして感謝されたりしなくても、自分は自分であることを認めていく。 こうしたパターンになりやすい人にとっては、とてもとても難しいけれど・・・、自分の人生を生きるための必要なプロセスです。

「感謝されるような何かをし続けないと、自分の価値が認められない」というのは、子どもの頃の一時期の環境によって作られた、自分の「恐れ」であり、大人になった今となっては、その価値観にはまり込む必要はありません。

自分がそのパターンの行動をとってしまうことが、「そういう関係性を、他者との間に作ってしまう」原因だと気づくことが大切です。

過去のそのパターンは、過去の自分には必要だったけれど大人になった今では、もう必要のないもではないか?という考え方をしてみることですね。そうして、今の自分にふさわしい価値観とそれにみあった行動へ入れ替えてみてはどうでしょう。

そうするともっと、自分のために時間を使うことができます(^_^)。



 ★リーディングのお申込みは、ミディアムリカコのサイトでご確認ください。 

 ★新サイトもご覧ください → スピリチュアルメッセージを、お届けします

 ★ブログランキングに参加しています。1クリックお願いします。

  

| | コメント (2)

2016年6月27日 (月)

リーディングのご感想|メール回答。

ご利用いただいたYSさんから、ご感想をお送りいただきました(^_^)。

Image7_3ここ数ヶ月ついつい疲れていて マイナスに傾きがちで 申し込んだときも、自分でもどうなのかって時でしたが リカコさんの結果のメールは、現実的で日常に根付いていて やさしく書かれていて・・。

結果、申し込んでよかったですね。気分のきりかえといいますか、読んでいてなぜだか 頑張ろうって気になりました。

思わず苦笑してしまうような内容も書かれていて まさに・・とうなずく図星なカ所。 あぁ あるある話じゃありませんが、自分(わたし)あるあるでした。 ついついしてしまう思考傾向やら 感情のやら思いあたる場所がありました。

そして気にしている部分も、あてはまっていました。 色だけ聞いたら、これは私のオーラ?といった色でしたが (意外でした) けれど説明とか内容読んでると いろんな面が見えてきました。

オーラでここまで、わかってしまうのは 情報の宝庫なんですね。 他も読んでて、たくさんおぉそうなんだと思うことがたくさんあって 自分では、けしてわからないこともありました。 とても面白いです、興味深く読みました。

コンディションを整えていこうとか オーラをきれいにしたいなーって向上心がわいてきました。

目に見えないからってないことには、 ならないので 見える人からすると見えてますし、見えない人も感じていますし 色よりも、きれいさのほうが大切で 確かにそうだよなって思いました。

時おり読みかえしては 文章に書かれていることを 心がけることを忘れないようにしたいです。 ありがとうございました。



 ★リーディングのお申込みは、ミディアムリカコのサイトでご確認ください。

 ★ブログランキングに参加しています。1クリックお願いします。

  

| | コメント (0)

うまくいかないときに、心掛けること。

どうも、ものごとがうまくいかない時期ってありますよね。そういうときに、やってしまいがちな間違いが「新しいことをする」という動きです。

12671655_s


新しいことが間違っているという意味ではなく、動くのが悪いということでもなくて、それぞれは単体で素晴らしい選択肢だとしても、「うまくいっていないとき」に、「新しいことにとびつく」という組み合わせがイマイチなのです(^^;)。

なぜなら、とびつくような新しいことって、自分に馴染んでいないまったくの新しいことだから、結果が出るまでにそれなりの時間が掛かります。

どんなことでも時間は掛かるけれども、うまくいっていないというダメージのあるときには、「時間が掛かって、待たされる感覚」をうまく吸収することができず、焦りになってしまい、それを取り入れる前よりもっとうまくいかなくなります。

うまくいかないときには、全くの新しい刺激を求めてしまうものだけれども、そこをあえて、既に知っていること、経験していることの中から、「以前にはこれでうまくいったパターン」をみつけて行ってみてください。

当面の打開策としては有意義です。

そして、うまくいかない流れにひと区切りついてから、改めて、必要があるなら、新しいことにチャレンジするという順番のほうがうまく流れを作りやすいですね。

そのときはもう、新しいことの刺激をほしいと思わなくなっているかもしれませんけれど、笑。そういうこともあります(^_^)。



 ★リーディングのお申込みは、ミディアムリカコのサイトでご確認ください。 

 ★新サイトもご覧ください → スピリチュアルメッセージを、お届けします

 ★ブログランキングに参加しています。1クリックお願いします。

  

| | コメント (0)

リーディングのご感想|メールリーディング。

ご利用いただいたAMさんから、ご感想をお送りいただきました(^_^)。

Image8_2ブログを拝見して3年ほどになります。 いつも絶妙なタイミングで今の自分への戒めや教訓のような言葉や内容がブログに上がるので、 リカコさんに見透かされているような気持ちでいました。

いつかリカコさんにメールでのリーディングしてもらいたいと思いつつ 相談内容をどのように書けばよいのか分からず、なかなか依頼できずにいました。

ここ数年次々とトラブルが起きてうつ病になり、治療により最近は体調もかなり良くなりましたが、 その間、何度となく自分の人生を振り返り、この先私はどう生きていけば良いのか、 また自分の考え方が偏ってしまっているのなら直したいし、明るく元気に暮らしていくためにも 誰かの正しい言葉が欲しいと思うように。

今回のリーディングで なぜ自分はなぜ幼少期から困難が多いのだろうと思っていましたが、腑に落ちました。

私は背が高くがっしりとした体格なので、 初対面の人に「威圧感がある」と言われたこともありますし 新しい環境に入るたびに幼稚な人に絡まれ、そこに居づらくさせられることが毎回で、 これもオーラの大きいことや性格が関係しているのでしょうね。

なのに上の人からは自分の力量以上を求められることが多く、 目立てばまた幼稚で難しい人たちを刺激していじめられる・・・

リーディングでは、自ら能動的に何かをしようとしてなくて、そこにそのままある、という状態、 動けば他の人よりも印象が大きくなるので反応を気にしてる・・・その通りです。

「指導霊  日本人の男性で、密教の行者」 なんだかちゃんと自分のことを見ててくれる人(対象)がいたことに泣けました。

私は何が間違ってたのだろうといつも不安でしたが、とても救われたような気持になりました。

リカコさんのやさしい言い方で分かりやすく伝えて下さり嬉しいです。 本当にありがとうございました。

 
 ★リーディングのお申込みは、ミディアムリカコのサイトでご確認ください。

 ★ブログランキングに参加しています。1クリックお願いします。

 

| | コメント (0)

2016年6月26日 (日)

他人の短所ばかりが、目についてしかたがないときは。

30819908_s
自分以外の、周囲のできごとや、他人のことがとても気になることがあるものです。しかも長所ではなく、短所ばかりが目に留まってしまうことがありますよね。

良いことであれ、悪いことであれ、今までよりもいろんなことに「気がついてしまう、目に留まってしまう」ことは、自分の成長によって視野が広くなり、わかることが増えてきたためですので、それ自体は喜ばしいことではありますが、

他人の短所ばかりが目につくのでは、気持ちが落ち着かずにイライラしてしまうこともあると思います。

なぜ、長所ではなく短所ばかりが目につきやすいのか。

それは、この世という物質次元においては、波長の高いことよりも、波長の低いことのほうが、目に留まりやすくわかりやすいようにできているからです

エネルギーレベルで説明をすると、波長の低いものは、体感でいえば「重いものをもったような」重量感や存在感があり、波長の高いものは、エネルギーが「軽い」ために体感しにくいことがあります。

長所よりも短所のほうが目立ちやすく、目に留まりやすいことは、この世の仕組みとして、そういうものなのです。

ですから、少々のことであれば、あまり気にしなくてもいいのですが、あまりに短所ばかり目に留まってしまうのは疲れてしまいますし、そんな自分を持て余すこともあるでしょう。

そこまでになると、自分の関心の対象、意識の方向が、他人にばかり向いていて、あるべきところに向かっていない、ふさわしい比率になっていない、という点を考えたほうがよさそうです。

自分の内側と、自分の外側と、本来はその両方のバランスをとっていくことが望ましいですが、意識が自分の外側にばかり向いているときに、過剰に他人のいろんなことが目に留まってしまう状態になりがちです。

そうなっている自分に気づいたら、少し意識の向けどころの配分を変えて、自分の内側に目を向けていくようにしてみてください。

他人の短所ばかり目についてしまうときは、自分の内側へ向ける意識が十分でないことを間接的に気づかされているのかもしれません。



 ★リーディングのお申込みは、ミディアムリカコのサイトでご確認ください。 

 ★新サイトもご覧ください → スピリチュアルメッセージを、お届けします

 ★ブログランキングに参加しています。1クリックお願いします。

  

| | コメント (0)

2016年6月25日 (土)

時間を何に対して使うかは、自分が選んで決めるもの。

「時間がたりない!」という悩みをもっている方は少なくないと思います。

確かに、現代という時代における日常は、忙しすぎます。 たくさんの情報と、便利な道具や状況が、私たちを追いたてているかのようです。

実際は、情報や道具がそうしている・・・のではなく、私たち自身が、勝手に「そうなっている」だけですけれどね(^^;)。

一日が24時間であることは、皆が同じ条件です。何をどう頑張っても、一日を30時間に増やすことはできません。

休息の時間や、どうしても避けられない用事のための時間を過ごすと 残りの「自由になる時間」は、誰にとっても数時間程度となり、そんなに個人差はないものです。

たとえば、「お金がたりない!」という悩みなら、何らかの方法をとって増やすことは出来なくもないですが、 時間は決まった枠内でのやりくりになります。それに合わせた考え方をする必要があります。

何が大事で、何がそうでないかは人により価値観が違いますから、あれをすべき、これをやめたほうがいいとは一概には言えません。

しかし、現代に生きる私たちは、本当に価値のあるものを大事にしないで、そうでないものを崇め、追いかけ、 時間を無駄にしている部分はたくさんあると思うのです。

便利で手軽だからといって、必要でも重要でもないことに時間を費やし,「時間がない!」といっても・・・それは矛盾しているんですよね。

便利すぎて複雑になりがちな現代の日常の中で、自主性をもって「何に時間を使うのかを決める」という学びに、 私たちは挑まされているのかもしれません。

忙しくて「時間がない!」「時間がほしい!」と思うときは 改めて、自分の時間の使い方について考えてみたいものです。

そういうときほど、時間の価値がよくわかります。



 ★リーディングのお申込みは、ミディアムリカコのサイトでご確認ください。 

 ★新サイトもご覧ください → スピリチュアルメッセージを、お届けします

 ★ブログランキングに参加しています。1クリックお願いします。

  

| | コメント (0)

2016年6月24日 (金)

会話の場面で緊張してしまう人は、「そのまま」をわかってもらう。

56095885_s

「会話がうまくできなくて、人と接するときにとても緊張してしまう。リラックスして、気の利いたやりとりをするためには、どんなことに気を付けていけばよいか?」というご相談を、しばしばいただきます。

こういう質問をいただく場合は、「プライベートの人間関係」においてのことです。仕事での接客はリラックスしていくのがいいとは限らないですからね。

アドバイスとしては、プライベートの人間関係なら、「特に、何も改善しなくても大丈夫」ではないでしょうか。うまくできたらそれにこしたことはないけれど、うまくできなくても、とりたてて問題も混乱も起こっていないケースも多々あります。

実際、緊張してうまくできない状態を、取り繕うとか、改善してうまくやろうとするのは難しいです。

苦手なことをなんとかカバーすることは出来ても、苦手なことを「うまくやる」とか「気がきいた対応をする」のは簡単にはいきませんからね。

そうした対応は、コミュニケーションの上級編であって、普通にできる人や得意な人が「上乗せ」として心掛ける領域のことだと思います。

無理なことをして緊張を隠そうと不自然になるよりも、素直に「自分は、会話で緊張してしまうほうなので、もし、うまく話せなくて変なことを言ってしまったらゴメン」と、ひと言、伝えておくほうが意外と好印象になることもあります。

自分の弱いところをさらけ出すのは勇気がいるけれど、難しく考えるより、素直に伝えるほうが、相手との距離が縮まって信頼が生まれることもあるのです。

仕事の場面と、プライベートの場面は、考え方が違います。仕事では、苦手を乗り越えて出来るようにしていく必要性が高い場面もあると思いますが、プライベートでは必ずしもそうではない、ということです。



 ★リーディングのお申込みは、ミディアムリカコのサイトでご確認ください。 

 ★新サイトもご覧ください → スピリチュアルメッセージを、お届けします

 ★ブログランキングに参加しています。1クリックお願いします。

  

| | コメント (0)

2016年6月23日 (木)

お金は、必要なものに使い、不必要なものに使わないこと。

お金というのは、この世の仕組みを動かすための道具ですから、それ自体が良いとか悪いとかいうものではなくて、「使い方」次第です。

よい使い方は、当たり前のことですが、必要なものに使い、不必要なものに使わないことです。

まずは、自分が今、何を持っているのかを知っておくことです。知っておけば、重ねたものを買うこともないし、今の自分に合わないものを買うこともありません。

たとえば買い物いでかける前に、冷蔵庫の中身をみておけば、重ねて買うことはないですし、今あるものをいかして何を買うかを考えますよね。知らなければ、同じものを買ってしまうかもしれず、使わないものを買ってしまうこともあります。

それと同じで、今自分の手持ちは何があるのか。有形のものだけでなく、無形のものもふくめて自分を知っておくほど、お金の使い方に一貫性がうまれて無駄がなくなります。

自分を知らないと、無駄な使い方をしてしまいます。合わないものをほしくなることもそうだし、自分のことを知らないという不安定感を物で埋めようとして集めてしまうこともあるからです。

自分を知るというプロセスにおいて、お金を使った行為が役立つこともあります。手に入れてみて、合う・合わないが分かることもありますからね。

なんでもそうですが、道具をうまく使いこなせるようになるには、時間がかかります。何度もやってみて、失敗もして・・・、だんだんと上手に使えるようになります。

若いうちの失敗、つまり不必要なものに使ってしまうことも、「うまくなるためのプロセス」です。そうして身につけたものを、この先にいかしていけばいいですよね。

そして大切なことは、目的は、「道具(お金)をうまくつかいこなせるようになること」・・・ではなく、「道具をうまくつかって、自分らしい人生をつくりあげていくこと」ですよね!

そのためにお金という便利な道具が用意されていて、私たちは、そこから学んでいくのだと思います(^_^)。



 ★リーディングのお申込みは、ミディアムリカコのサイトでご確認ください。 

 ★新サイトもご覧ください → スピリチュアルメッセージを、お届けします

 ★ブログランキングに参加しています。1クリックお願いします。

  

| | コメント (0)

2016年6月22日 (水)

新しい方法、新しい道具、新しい時間の使い方。

17057593_s
この世は「時間」という流れがあるので、すべてのことは変化していき、同じ状態に留まることがありません。


以前は新しかったものも、時間とともに古くなっていきますよね。以前は合っていたものが、(それ自体は変わっていなくても)合わなくなることもあります。

そういう場合は、自分自身が変化していたり、自分が求めるものが移り変わっているのでしょう。

どんなに素晴らしく高い評価を得たものでも、古くなることは避けられません。仕組みもそうだし、情報もそうです。

そういうことをふまえて、ときどき、自分の持っている情報や道具などを見直してみることは有意義だと思います。

何でも新しいほうがいいということではないですが、新しいものの中に、より便利でより合うものがあるなら、そちらを採用するという柔軟さは大切です。

新しさというのは、今の最新式という意味だけでなく、「今まで自分が知らなかったことや、使っていなかった情報や道具」という意味も含めてのことです。

そうした工夫を少しするだけで、今までより簡単になったり早くなったりというメリットが生まれることがあります。 新鮮さが、モチベーションUPとなることもありますね。



 ★リーディングのお申込みは、ミディアムリカコのサイトでご確認ください。 

 ★新サイトもご覧ください → スピリチュアルメッセージを、お届けします

 ★ブログランキングに参加しています。1クリックお願いします。

  

| | コメント (0)

2016年6月21日 (火)

大人のあなたに、意見をいってくれる人|スピリット・メッセージ。

41351880_s

大人になると、「反対意見を言ってくれる人」が少なくなります。今のあなたの周囲にも、反対意見をいってくれる方は、あまり多くは見当たりません。

波風を立てないようにふるまうほうが無難であり、そして礼儀でもあると考える方が多くなります。実際に、そうしたふるまいが好まれることは多く、適切となる場面も多々あります。

大人同士の付き合いは、本音ばかりとはなりません。

そういう状況の中で、もしも、あなたに、はっと気づきを与えるような、無難なばかりではない意見を与えてくださる人がいたら、その人はとても貴重な存在です。鋭い意見に、愉快ではない気持ちになったとしても、そこに気づきがあるなら、ありがたいととらえましょう。

言ってもらうことは、ありがたいことです。

言ってもらいたくても、言ってもらえないのが普通なのですから。



 ★リーディングのお申込みは、ミディアムリカコのサイトでご確認ください。 

 ★新サイトもご覧ください → スピリチュアルメッセージを、お届けします

 ★ブログランキングに参加しています。1クリックお願いします。

  

| | コメント (0)

«本当は「やればできる」のに、「自分は、できない」と思っている人が多いです。