■ インフォメーション ■

セッション可能な日程および、返信までの時間は、以下のとおりとなります。

★メールによるリーディングの場合:

 受付から回答までに、1週間~10日程度掛かる場合があります。
  (17,000円)
 常時の受付は行っていません。二ヶ月に一度程度、不定期での受付をしています。

★スカイプ、または、固定電話によるリーディングの場合:

 対応可能日時は、火、木、土となります。当日の申込みも、空きがあれば可能です。1週間以上先の予約は受付できません。現在、不定期での受付です。
 (60分:15,000円。延長をご希望の場合は、20分ごとに5000円の追加料金)

★お知らせ(随時、更新します)

※ 12月のスカイプセッションの実施日は不定期となります。決まり次第、こちらでご案内させていただきます。

スカイプ実施日: 12月

・12/2(金) 済
・12/3(土) 済
・12/5(月) 済
・12/7(水) 済
・12/9(金) 受付中

★無料のメルマガ配信をご希望の方は、こちらをご覧ください。過去に有料鑑定をご利用いただいたことがある方が対象となります。簡単に登録&解除が可能です(*^_^*)。

|

2016年12月 9日 (金)

時間という変化を、受け入れていく生き方。

44506814_s
この世は「時間」という流れがあるので、すべてのことは変化していき、同じ状態に留まることがありません。

すべてが変化しますから、自分と相手、自分と事柄についての関係性も、変化していきます。以前は合っていたものが、何かが違うと思えたり、あれ、どうしてずれてしまったのだろうと思うことがでてきます。

そういうときは、これでいいのだろうか、何かを変えなければいけないのではという、焦りや、早くしないといけないという怖れがでてきて、「何でもいいから、今と違うこと」をして、気持ちを落ち着かせたくなります。

新しいという刺激で、(新しい刺激というのは、印象が強いですから)他の感情を覆うことができるような気が、してしまうためですね。

一時的にはそうした刺激で楽になることもあるのかもしれません。けれど、同じことを何度も繰り返しても、(新しい何かをどんどんやって、一時的な刺激を得ても)変わらないなら、怖れに気づかないように、自分が自分を忙しくしているだけであることに、気づく必要があると思います。

人生の時間というのはとても貴重なものだから、怖れを覆うことを目的とした「対処」だけで時間や労力を使っていいのか、という、自分の人生について考えてみることは有意義だと思うのです。

人が生きている限り、この世の時間というものが存在する限り、必ずすべては変化していきます。変化することを、怖いと思わずに、ある程度は「そういうもの」として受けとめていけば、焦りや怖れを、受け流していくことができます。いろんな感情がでてきても、それを何とかしようとするより、その感情をもったまま、この人生をどう過ごしていくかという考え方に切り換えていくほうが、実はずっと「楽」なんですよね。

怖れと戦うのではなく、怖れとともに進んでいくという、抱えたままで進んでいくという受け止め方が、自分を楽にしてくれることもあります。

 ★ブログランキングに参加しています。1クリックお願いします。

| | コメント (0)

2016年12月 8日 (木)

まずは、「あるもの」をいかして動き出す。

動き出す際には、現状、ないものを得てから、次の行動をとろう、というプロセスをつくって時間をかけるよりも、「今の時点で、あるもの」を使って、まずは動くことをおすすめします。

なぜなら、ないものをまずは得て、次に○○をして、その次に○○をして・・・と、いくつものプロセスが必要なことは、時間だけ掛かって意欲が持続しないことが多いからです。時間が掛かりすぎると、せっかくの意欲が下がってしまいますから。

24838869_s
しかし、では現時点で自分に「あるもの」は何か?と考えると、この把握が意外と難しいものだったりします(^_^;)。

「あるもの」は、ある状態が当然で普通と思ってしまうので、意識にのぼりにくいのです。あることの優位性にも気づきにくいです。

一方、「ないもの」は、とても目立ってわかりやすいのです。欠けているから、無いことが認識しやすいです。

しかし、ないものを特定して、それをなんとかしようという「マイナスへの取り組み」は、なかなか形にならないのですよね(^_^;)。

「ない」ものを「ある」状態にしていくために時間と労力が掛かり、さらにそれを動きをつけて活かすために、さらに時間と労力が掛かり・・・となると、途中で気が散ったり、やる気が下がったりしてしまう可能性が増えてしまいます。

同じ行動をするなら、自分の納得がいくようにひとつひとつをキチンとしてからという気持ちはわかるのですが、「ないものを、揃えてから」という考え方は、自分を前に進ませず、その場に留めてしまう考え方です。

「ある」ものをいかそうとするのは、自分を前に運ばせる考え方です。

今の時点で、自分の手持ちの材料となるものは何か、という考え方をときどき行ってみるといいと思います。これは意識的に見いだそうとしないと、(ある状態が普通であると、誰もが思ってしまうものなので)気づきにくいです。意識の向け方にコツがいります。

「自分にとって普通だけれど、他人が評価してくれたこと」や、「他人からよく頼まれること、頼りにされること」など、他人の言動から判断できる部分もありますね。

今の自分に「ある」ものを棚卸しして、把握してみましょう。そして、その「使い方」を考えていくと、行動に結びつけていくことができます。

★ブログランキングに参加しています。1クリックお願いします

| | コメント (0)

リーディングのご感想|リソース・リーディング。

リーディングをご利用いただいたKNさんから、ご感想をお送りいただきました。ありがとうございました(^_^)。

Image5

今回、リソース・リーディングを初めて受けさせて頂きました。

自分が比較的意識していることや自然と行っていること、また周りの人からしばしば言われることがほとんどで、 自分の行動や頭の中を覗き見されたようなちょっと恥ずかしい気分です。

特に、来週からの旅行では現地に気になる先生がいて、その方と波長が合えば指導してもらいたいし、それを自分の仕事に活かしたいと考えていたところだった為、リアルタイムの内容が書かれてあり驚きました。

また、自然と行っている事は自覚があまりなく、”自分の特徴”として客観視できました。 今後の人生で”役立つ”ように、まずはこの特徴を意識して日々過ごしていきたいと思います。

  

| | コメント (0)

リーディングのご感想|固定電話のリーディング。

リーディングをご利用いただいたHYさんから、ご感想をお送りいただきました。ありがとうございました(^_^)。

Image55

昨晩は夜遅くなってからのリーディング大変助かりました。ありがとうございます。

最初の守護霊さん(尼僧さん)からのお言葉が以外に長くて、メモしようと思い準備をしていたのですが、追いつけませんでした~。なので真剣に聞いて頑張りました。(@_@)リカコさん凄すぎます!

その後、相談させて頂いた答えも最初に頂いた尼僧さんからのお言葉に入っていたので、守護霊さんは何でもお見通しなんだと今回もつくづく感じさせられました。

今までため込んでいたモヤモヤが晴れて、今朝は仕事に向かう足取りも軽く景色さえ美しく見えました。この精神状態がキープ出来たら何でも上手く行きそうです。そうする為にも頂いたアドバイスを忘れず守らなければですね。(守護霊さんが変わっても同じことを注意されるので。^^;)

今回もご相談させて頂いて本当に良かったです。

 
 ★リーディングのお申込みは、ミディアムリカコのサイトでご確認ください。

 ★ブログランキングに参加しています。1クリックお願いします。

 

| | コメント (0)

リーディングのご感想|スカイプリーディング。

リーディングをご利用いただいたDさんから、ご感想をお送りいただきました。ありがとうございました(^_^)。

Image6

今までの経験で 自分が辛い状態から努力して少しでも楽になると 今までよりもっとつらい状態になる ということを繰り返し 楽になってしまうと

その後罰があたってしまうという 感覚を何となくもっていたのですが 今回のリーディングで そのことが腑に落ちました。

私のパターンとして 「人のために動くことで少しずつ道が開けていく」 と教えていただき 今後は意識的に行うことで、自分が犠牲になっているという気持ちも薄れ もっと意欲的になっていけると思います。

すし桶と試験管の話も分かり易く 以前より試験管タイプに対するイライラは減りそうな気がします。すし桶はすし桶にしか理解してもらえないものなんですね。本当にそう思います(^_^;)

今までもリカコさんには何度かリーディングしていただいてましたが 今回は何故か涙が出てきてしまい驚きました。

心にずっと抱えていた不安が何であるか 回数を重ねたことでやっと自覚でき、吐き出せた感じがします。 気持ちがスッと楽になりました。

| | コメント (0)

2016年12月 7日 (水)

パワーを与える、パワーをひきだす。

37052309_s
先日、ある商業施設の売り場をあるいていたら、お米のその場で精米してくれるサービスがあって、希望者には精米後にでる「ぬか」も、お持ち返りいただけますということで、袋詰めをなさっている様子を目にしました。

ぬかの袋からは、今まさに作業をしたてというような、エネルギーの(動きがあった、という)躍動感と、そして、ぬかそのものからでている、ほわっと暖かそうなオーラがでているのがわかりました(^_^)。

「動き」というのは、エネルギーをつくります。

お米は自発的には動けないけれども(^_^;)、人の手によって「動きをつける、動きを与える」ことで、(関わる人の)力を載せていったり、(お米が内包している)力を引き出したりするのだと思われます。

一時的に止まっていたものが、刺激を与えられて、再びエネルギー的な活動をはじめたかのようで、その「ぬか」のオーラに癒されましたね。・・・離れたところから、見ていただけでえすけれどね(^_^;)笑。

動きは、刺激になります。それらはすべて、エネルギーとしての「振動」があり、活気をあたえることになります。

これを人に置き換えると、動きという振動を自分に与えること、つまり行動をすることは、とても大切なことなのだとわかります。

行動や運動は、身体への振動

感動することは、心への振動

それらが作用して、振動そのものがパワーを与えてくれたり、自分に内包しているものを、揺り動かして活気を与えてくれたりするしくみです。

 ★ブログランキングに参加しています。1クリックお願いします。

| | コメント (0)

2016年12月 6日 (火)

必要性の高いものを残して、シンプルにする。

45832350_s

思考や行動がシンプルであるとは、無駄が少なく、 必要性の高いことが集約されている状態です。

必要なことが集まっていて、不必要が省かれていると、時間と心の余裕がつくられます。

しかし、シンプルにといっても、ただ数や量を減らしただけでは、減らしたという事実に、これでいいのだろうかと不安になってしまいます。

(今あるものから)減らすというのはかなりストレスです。

ただ減らすだけでは、減らしたことのメリットにいきつく前に、気持ちの面でやる気が下がってしまうので、「必要かそうでないかを判断して、必要性の高いものを残す」、という考え方にするのがいいでしょう。

 ★ブログランキングに参加しています。1クリックお願いします。

| | コメント (0)

2016年12月 5日 (月)

思考だけが方法ではない。

ある事柄について、考えてもわからないなら、少なくともその時点においてはそれ以上に進まないのだから、「それ以上考えない」「思考から意識をはなしてみよう」という判断をして、別のことをしてみるといいでしょう。

「考えることがたりていないのかな」とか「もっと違う考え方にすればいいのだろうか」とつい考え続けてしまうことがありますけれど、頭を疲れさせてしまうと、それ以上の良いアイデアもうかばないことがほとんどえす。

今わからないことも、ふさわしい時期がくれば(わかることに必須な経験を重ねたのちに)わかるようになります。

または、すべてがわかることが素晴らしいということでもないので、わからないままでもいいのかもしれません(^_^)。

思考から意識をはなして、深呼吸をしたり窓を開けたりして、切り替えをしてみましょう。

 ★ブログランキングに参加しています。1クリックお願いします。

| | コメント (0)

2016年12月 4日 (日)

★【受付終了】「リソース・リーディング(メール)」。

●今回の受付は、終了しました(12/5 13:10)

自分に備わっている優位性(得意なところ、秀でているところ)を、お伝えする内容のリソース・リーディング。

受付は昨年内とさせていただいたのですが、未だに、受付再開のリクエストをいただきます。期間限定&回数限定となりますが、受付を再開させていただきます

過去に実施したメニューの中で、ダントツの一番人気のメニューです。

これまで、「リソースリーディング」と、「リソース・プラス(前回の補足)」という2段階のメニューがありましたが、今回の受付分は、両方をまとめて一度で差し上げる形をとらせていただきます。

40077370_s

「自分を、もっと知りたい」、「自分について、思っていることが当てはまっているかを確認したい」、「自分の長所を、客観的に把握してみたい」、「どんなことに優位性が発揮できるかを知って、日常や仕事にいかしたい」という方に、お勧めします。

【ご利用いただいた方のご感想】

MMさん / SYさん / YAさん / YHさん / MTさん / 他にもたくさんの方からご感想をいただき、過去記事に掲載させていただいています。


  • リソース」とは、資源とか、役に立つ、または目的を達成するための要素、という意味をもつ単語です。
  • このメニューは、あなたのオーラを通して、たましいのデータベースから、今回の人生で役立つ資源となる要素を読み取り、分かりやすく文章化してお伝えするものです。

16881559_s

具体的には、あなたが備えている性質や才能の中で、「役立つ」「優れている」などの特長をもっている要素や、価値基準などをお伝えします。

文章量は、ワード文書で「14ページ分」くらい、またはそれ以上となります。かなり読み応えのあるボリュームです。

 clip(見本は、こちらでご確認いただけます:PDF) 

ひとつの項目につき、500文字程度の説明になる要素もあれば、一行の箇条書きのような説明になる要素もあります。たくさんの要素を幅広くお伝えするように心掛けます。

お申込みいただけるのは、過去に有料メニューをご利用いただいたことのある方に、限らせていただきます。(お一人様1回のご利用とさせていただきます)

★「リソース・リーディング」 


内容:
 あなたが備えている性質や才能の中で、「役立つ」「優れている」などの特長をもっている要素や、価値基準などをお伝えします。

料金: 17,000円 後払い。お渡しより、3日をめどにお願いします。

形式: ワードの添付ファイル。ワードが受信できない方は、PDFで送信します。

お申込み方法: メールのタイトルを、「リソース・リーディング申込」として、以下の内容をお書き添えの上、お送りください。

メール:trueblue@mbf.nifty.com

 1、お名前(フルネーム)

 2、簡単なご住所(○○県程度)

 3、お写真

 4、職業(会社員、主婦等)

 5、参考までに、現在の様子や、興味のあることなどを
   数行にまとめてお書き添えください。

 6、過去に有料のリーディングを受けた時期(○年前など)

 

受け渡し時期: お申し込みから、~2週間程度。

・(5)は、参考までにお聞きしていることであり、こちらの記載内容についてのメッセージを差し上げる企画ではありません。ここに、ご相談事項を書かれないよう、お願いいたします。特定のご相談事項は、通常のリーディングをご利用ください。

・文章の表現等がわかりにくい場合は、ご質問をいただければ表現の意味については、説明させていただきます。

お申込み、お問い合わせ、お待ちしております。

| | コメント (4)

人生の「進み方」が、切り替わる時期がある。

29225867_s
人生の進み方は、その「時期」によってかわってきます。

若いうちは、遠くにあるゴールに向かってひたすら一本道を進んでいくようなイメージですね。自分が目的を定めてそれに向かっていくこともできますし、まだよくわからないゴールに向かって、どこに到達するかわからないけれど、とりあえずこの道をひたすら走ってみようという進み方もできます。

しかし、そうした「わかりやすい、一本道スタイル」は、人生のうちの前半だけなのです。30代の入口くらいまでは、そうした進み方ができるかもしれませんが、それ以降の年代になると,一本道にはなりません。

この時期になっても、「過去に自分がうまくいった、(そうして自分をここまで運ばせてきた)パターンの、一本道スタイル」にこだわってしまうと、未来へ進むための道を見失ってしまいます。

そういう進み方には、ならない時期にさしかかっていることを自覚して、スタイルを切り換えていくことも大事なことです。

どこからその切り換えが行われるかは個人差があり、早い人だと30代の入口くらいからですね、ほとんどの人は、40代のおわりくらいからかな、と思います。

そこからは、「らせん階段」のような進み方になります。一見、同じことを繰り返しているうで、停滞しているように思えてしまいます。ですが、繰り返しながら「上昇」するという進み方になります。

ちゃんと進んでいるのですが、一本道のようなわかりやすい「経過している実感」「はじまりと、おわりがある感覚」になりにくいです。

一本道の進み方は、平面です。らせん階段になると、「高さ」がでます。そこに気づいて、進み方を見直していけば、焦ることも迷うこともなく、自分の人生を引き続き、進ませていくことに意欲的になれますね。

 ★ブログランキングに参加しています。1クリックお願いします。

| | コメント (0)

2016年12月 3日 (土)

尽くしている自分でないと、安心できない人は、切り口を変えてみる。

11540933_s
他人をいつも優先して、自分を忙しくさせて、「自分が犠牲になることが、安心」という考え方をしてしまう人は、少なくないのです。

してもらう立場になると落ち着かないので、してあげる立場になってしまう、それがとても辛いのだけれども、よくよく考えてみると、「自分からその役割に向かっていっている」ものだったりします(^_^;)。

こういうことは、どのような感情が、本人にとって「わかりやすいか」「慣れているか」によって左右されるようです。

感情の感じ方はいろいろで、肯定的な感覚を「楽しい!」と思う人もいれば、肯定的なものは「普通」で刺激のない、「わかりにくいもの」ととらえる人もいます。

前者に該当する人は、楽しいことで、自分を満たしていけますから、楽しさを求めます。

後者に該当する人は、わかりやすいものを求めて、「否定的な感情」で、自分の存在価値を確かめたくなったり、それを感じることで安心したりすることがあります。

否定的な感情は、印象深くてわかりやすく、苦しいから感じたくないと思いながらも、それが「自分がここに生きている実感」に繋がる部分もあって、自ら、苦しさを感じる状況に向かっていってしまいます。

そういうパターンになっている人は、犠牲になって苦しむことは、生きることの肯定感と結びついていますから、「この状態を変えたい」と思ってもなかなか難しいです。心の深いところでは、「変えてしまったら、安心がなくなる」とも思っているからです。

「苦しいから変えたい」けれど、しかし「変えたら、自分の存在価値が薄れることが不安」という、この両方の思いの間で、身動きがとれなくなります。

実際には、それをしないからといって、価値が薄れるなどということはないのですけれどね(^_^)。

こういうタイプの人は、苦しさや大変さで生きている実感を覚える自分であるということを、そのまま受け入れた上で、(変えるのではなく)、偏らないようにバランスをとりながら、自分のその性質を、もっと大きなスケールでいかされるように、意図的に使っていくのがいいと思います。

特定の相手の関心をひこうとか、その人から評価されようとする方向にいくから「犠牲」という感覚になったり、そういう関係性になったりしてしまうのであり、

世の中のためとか、こういうことを成して役立とうとかの、スケールの大きなことをしていけば、犠牲になっているような不満感というものは、小さくなっていくのではないでしょうか(^_^)。

 ★ブログランキングに参加しています。1クリックお願いします。

| | コメント (0)

リーディングのご感想|スカイプ・セッション。

ご利用いただいたNKさんから、ご感想をお送りいただきました。ありがとうございました(^_^)。

Image55一昨日のスカイプセッションでは、ありがとうございました!

今日は近所の神社にお詣りしておみくじを引いてきました。結果は、やたらと親と先祖が強調されたお言葉だったのですよ。 リカコさんのセッション中に父方の先祖が出てきた事との繋がりを感じました。

あとは守護霊さんとしてお坊さんがお出ましくださいましたが、私、もしかしたらこのお坊さんと遭遇したことがあるかもです。

高校生時代にテストの一夜漬けを終えてベッドに倒れこんだら、つけてもいないラジカセから陽気なDJの声が聞こえてきたんですよ。それで、しばらくしたらお坊さんが複数人でお経をあげている声が聞こえてきました…。

今思い返すとあの時のお経の声は守護霊さんだったのかしら、と思いまして。疲れからくる、ただの幻聴の可能性もありますが。 あとは、趣味でしていることについて、励んでいたら、思っている以上のいいことがある?と、仰って頂けたのは、かなり嬉しかったです! 続けるうえでの大きなモチベーションになります(^o^)

他にも印象深かったことを挙げだしたらきりがないので、この辺りでやめておきます(汗)

今回も、私のとりとめのないモヤモヤをリカコさんに言葉にして表してもらい、あ~そういうことだったのか!と合点がいき、気持ちが晴れました。そして、私は私でいいんだ!と思えて、元気になりました。 どうもありがとうございました(^^)

 
 ★ブログランキングに参加しています。1クリックお願いします。

 

| | コメント (0)

2016年12月 2日 (金)

期待通りの100%ではなくても。

30612021_s
「相手に、自分が何かをしてあげること」が、ただひとつの好意の示し方だという思い込みをもっている人は、どこまでも相手に尽くして、そして相手から思うような反応が得られないと(期待している形のリアクションではない、等)、これでもたりないのだろうと、もっと別の何かを相手のために行おうとします。

「自分に、相手が何かをしてくれること」が、自分が好かれていることの証拠だという思い込みをもっている人は、自分の思うとおりに相手がふるまってくれないことが、自分の不満の原因だと思い、どうやったら相手が自分の思いどおりにしてくれるだろうかと、泣いたり、怒ったり、閉じこもったりして不満を示そうとします。

前者に当てはまる人は、いつも疲弊していて、

後者に当てはまる人は、いつも満足せず、

「うまくいかせたい」ので、そのために、「自分が正しいと思う方法」をとり続けることで、うまくいかない状態を、継続させてしまっています。

どちらも、「適度」であれば問題ないことです。相手のためにしてあげることも、相手に望むことも。

けれど、してあげる度合いが大きいほと、相手の反応が望むとおりになるとは限らず(それは相手が判断すること)、相手に不満を伝えることで、相手の反応が望むとおりになるとは限らず(それも、相手が判断すること)、

自分と相手は、別の感性をもっている、別のたましいなのです。

そして、このことも忘れないようにしましょう。

相手が、自分の期待どおりの反応を示してくれないからといって、その関係がうまくいっていないことにはならない、ということを。

もしかしたら、うまくいっていないという受け止め方は、「自分が、自分の価値観において、一方的にそう思っているだけ」なのかもしれません。

 ★ブログランキングに参加しています。1クリックお願いします。

| | コメント (2)

2016年11月29日 (火)

小さなきっかけをキャッチし、大きな実りを得ていく。

21170759_s
行動をするためや、変わるための「きかっけ」は、そんなに大きなことではなくてもいいのです。最初の一歩を動き出すための力となったり、発想の糸口となってくれる「小さなこと」があれば十分です。

目立ってわかりやすい、「印象の強いもの」や「影響力の大きなもの」ばかりを探してしまうと、その他に意識がむかなくなり、小さな事柄に含まれている大きな可能性を、見逃してしまうことがあります。

きっかけとなる、ほとんどの事柄は、種のように小さいのです。そこから、どのような可能性を広げていくかは自分次第です。

 ★ブログランキングに参加しています。1クリックお願いします。

| | コメント (0)

«リーディングのご感想|前世リーディング。