■ インフォメーション ■

セッション可能な日程および、返信までの時間は、以下のとおりとなります。

★メールによるリーディングの場合:

 受付から回答までに、1週間~10日程度掛かる場合があります。
  (17,000円)
 しばらくの間、受付を休止させていただきます。

★スカイプ、または、固定電話によるリーディングの場合:

 対応可能日時は、火、木、土となります。当日の申込みも、空きがあれば可能です。1週間以上先の予約は受付できません。
 (60分:15,000円。延長をご希望の場合は、20分ごとに5000円の追加料金)

★お知らせ(随時、更新します)

※ 5月のスカイプセッションは、 5/26(木) 、5/28(土) 、5/31(火)以降の火、木、土。 

5/26(木)予約済み

・5/28(土) AM受付中 予約済み

5/31(火) 予約済み

★無料のメルマガ配信をご希望の方は、こちらをご覧ください。過去に有料鑑定をご利用いただいたことがある方が対象となります。簡単に登録&解除が可能です(*^_^*)。

|

2016年5月26日 (木)

人間関係をスムーズにするための、心掛け。

・相手に質問ばかりする会話というのは、だんだんと、質問が詰問になってしまって、相手を追い詰めてしまうことがあります。ほどよいキャッチボールになるように、相手のことを聞いたり、自分のことを話したりするようにしましょう。


・またその際に、題材選びにも気を配ることは大切ですね。自分があれをした、これをしたという、結論やオチがよくわからない「自分話」は「自慢話」と誤解されることもあります。


・相手のことを聞くときには、今のこのご時世ですから、いきなり個人的なことに踏み込みすぎないように、軽い話題から入っていき、どのくらいならOKの範囲なのかを見極めていくことが大事です。


・コミュニケーション力は、それぞれ違います。言葉の表現がうまくない人もたくさんいますし、そういう自覚があるので人づきあいそのものを避けようとする人もいます。皆が会話や関わりを好んでいるとは限りません。その人のスタンスを尊重することも心掛けましょう。


・人を批判しないことは大切です。否定には、自分の内的な心の動きも含まれますが、批判には、外に向かって放つ、攻撃的な意味合いがあります。そういう言動を見聞きすると、批判の対象となっていない人も、居心地がわるくなったり「いつか自分も言われるのでは」と心を開いてくれなくなったりします。


・「多くの人から好かれている人」の言動を観察してみましょう。そして参考にしてみてください。そういう人は、細かいことを気にしない大らかさと、他人への寛容さと、皆を楽しくさせる明るさを持っています。



 ★リーディングのお申込みは、ミディアムリカコのサイトでご確認ください。

 ★ブログランキングに参加しています。1クリックお願いします。

  

| | コメント (0)

2016年5月25日 (水)

リーディングのご感想|3ヶ月メッセージ。

ご利用いただいたTYさんから、ご感想をお送りいただきました(^_^)。

「占い的なもの」をイメージしていたとのことですが、「実生活に必要なことが書いてあって、納得できた」とご感想をいただきました。

Image8_2スピリチュアルというイメージから、占い的な感じなのかなとメッセージをいただくまでは正直思っていましたが、実生活に必要なことを理論的に説明してくださっていてストンと落ちました。

そして、私が目を向けないといけないけれども改めて言われると耳がいたいようなことも、言葉を選んで伝えてくださっているところに温かさを感じ、ストンと落ちました。

自信がないのが全てうまく行かない原因と思っていたのですが、自信はあまり関係ないことと、事実と思いを分けて考えることを具体的に、そしてそんな発想は今まで私の中になかったので、とても新鮮でした。

実際にお会いしてお話したわけではないのに、自分が今まさに迷っていることについても的をえたアドバイスをいただき、ちょっと怖い気がしました(😊笑)

実は、子どもの学校の件で、この半年から一年ほど、モヤモヤしていました。今後のことを考えて思い切れなかったり、いろいろ頭の中で混乱していました。

でも、メッセージをいただき、肚をくくって進もうと思いました。これまで、その時その時でその子に必要だと思ったことを選択してきたからです。

私の親もそうだったのかな…と今書きながら、思いました。

リカコさんからいただいたメッセージを少し時間をかけて消化していきたいと思います。 落ち着いたら、(その時まだ見つけれてなかったら)今度は私らしさについてご相談させてください。

本当にありがとうございました。

たくさんアドバイスをいただいたのに、あのお値段が申し訳ないくらいです。

今後とも、よろしくお願いします。 どうもありがとうございました✨ 。

 
 ★リーディングのお申込みは、ミディアムリカコのサイトでご確認ください。

 ★ブログランキングに参加しています。1クリックお願いします。

 

| | コメント (0)

スピリットメッセージ|情報収集を休むことも必要。

17754651_s
文字から情報をとりいれるということは、目(視覚)からの情報をたくさん取り入れることです。視覚を疲れさせることになります。

視覚からの情報を入れることと、その情報を解釈することによって、あなたの目と頭はいつも疲れています。ときどき、文字から離れてください。

たくさんの情報にふれても、解釈ができる量は決まっていて、それ以上を処理することはできません。許容量以上は器からはみだしてしまいます。

目を休ませることで、頭も休ませることになります。今のあなたには必要なことです。

多すぎる情報は、不安をかき立てます。どんなに有意義なものでも、不安に結びつきそうもない内容でも、多すぎるものは負担になります。

情報にふれることから離れて、「休むという時間の使い方」をおそれないことです。



 ★リーディングのお申込みは、ミディアムリカコのサイトでご確認ください。

 ★ブログランキングに参加しています。1クリックお願いします。

  

| | コメント (0)

2016年5月24日 (火)

自分のエネルギーを相手に取られた! と感じてしまうのは。

こちら、以前に「受信器タイプ、発信器タイプ」というタイトルで書いた記事の内容となります。

受信力が強い人と、発信力が強い人がいます。

エネルギー的に。前者は「受け取る比率が高い」ということで、後者は「放つ比率が高い」ということです。

誰もが、両方を使っているのだけれども、「得意で強いほう」があります。

ちなみに私の場合は、「受信タイプ」ですね。

受信力が強い人は、大きな受信器(アンテナ、集音器)を備えているのでキャッチする力が強く、

発信力が強い人は、大きな発信器(拡声器、スピーカー)を備えているので放つ力が強いということです。

続きとして、「発信器なのか、受信器なのか。」も、お読みいただければと思います。


さて、ここから本題です。


|「受信器タイプ」が、そういう感覚になりやすい。


よく、スピリチュアル好きな方同士で、「エネルギーを吸い取る人がいる」だとか、「自分のエネルギーを奪い取られた!」だとかの表現で、相手が攻撃をしかけてきて、自分が割りをくったかのように言う方がいます。

実際、そういう現象が、まったく起こっていない・・・わけではないのですが、しかし、エネルギーをお互いに「やりとり」するのは、人付き合いにおいて普通のことで、日常生活の中では、そうしていろんな人との関わりが作られています。

お互いにやりとりする仕組みがある以上、たったひとつの機会のみを抜き出して「とられた!」といっても、実状を言い表していることにはなりませんよね(^^;)。

しかし、そういう発言をする人にとっては、そのように感じてしまう何かがあるから、そう言いたくなります。

こうした「とった!」「とられた!」となるのは、お互いに受信器タイプで、お互いに波長が低くなっている人同士で起こりやすいです



発信器タイプの人は、「放っている」量が多いので、エネルギーが自分から相手へと向かって動くことになれていて、吸い取られてもあまり違和感がありません。

一方、受信器タイプの人は、「受け取っている」量が多いので、エネルギーが自分から相手へと向かって動いていくことに違和感がでて、相手のせいで自分が割りをくって、いつもと違う負担がでている、という認識になりやすいのです。

波長が下がって、エネルギーが十分でないときは、ちょっとのことでも過剰反応してしまうことがあるものです。それで、取られた感が大きくなってしまうのでしょう。


繰り返しますが、エネルギーを「やりとり」するのは普通のことです。誰との間でも起こり得る日常のできごとにすぎませんので、他人に「あの人に、エネルギーを取られた!」などと口に出すのは・・・やめておいがほうがいいような(^^;)。

そして、言われてしまった人は、そのときの自分のコンディションを省みるくらいで十分で、あまり気にしないでスルーでいいと思います。ほとんどは、相手側の感覚によるものなので。



 ★リーディングのお申込みは、ミディアムリカコのサイトでご確認ください。

 ★ブログランキングに参加しています。1クリックお願いします。

  

| | コメント (1)

2016年5月23日 (月)

決めてきた「たましいの学び」を、もしもやらなかったら・・・どうなる?

私たちは、この世にさまざまな「学び」「経験」の目的をもって生まれてきます。

・・・と聞くと、「自分は、その目的をちゃんと遂行できているのか心配」とか、「もしも、その目的に向かわずに、違う方面へ向かうことになったとしたらどうなるの?」とか、いろんな不安やら疑問やらがでてくるのではないでしょうか。


こうした不安や疑問がでてくる理由は、二つ考えられます。


|自分が後で不利益を被るのでは、という心配

ひとつは、「自分がやるべきことをやらなかったら、後になって自分に不利益がくるのではないか」という不安ですね。

そのことをしなかった「しわ寄せ」や「ひずみ」がでてきて、その後の自分の人生が混乱したり、起こるべき計画が起こらなかったりするのでは・・・、というような。

しかしそういう心配は、基本的にはしなくてもいいでしょう。

私たちは何度も生まれ変わっていきます。「そのこと」が、たましいにとって経験しなければならない課題だとすれば、いつかの人生で、また機会がつくられて学ぶことになるでしょう。

どうしても今回の人生で、経験しなければ「ならない」ことなら、どうしても経験することに「なってしまう」のですから、その道をとらない選択ができるなら、今回においてその選択は「アリ」だということです。

決めてきた学びの中には、「明確に決めていること」もあれば「柔軟に、だいたいの大枠をつくっているだけのこと」もありますから、後者であればそういう形になることもありえます。


|別の誰かの学びを、混乱させてしまう?という心配

もうひとつは、「自分がやるべきことをやらなかったら、その件が遂行される前提で経験の計画をたてている他のたましいがいるなら、自分のせいでその経験ができなくて困ってしまうのではないか」という心配です。

たとえば、「二人が揃って共同研究をやるような計画で、生まれてきているのに、もしも自分だけがその道に進まなかったら、もう一人の誰かの予定を狂わせてしまうのではないか。自分のことだけならともかく、そうして他人にまで影響を与えてしまうのか」というようなことです。

他人に配慮する気持ちが大きい人は、そういう考え方で不安になることもあるでしょう。

ですが、その役割が、どうしても自分と決まっている「動かせない予定」ならば、自然にその道に進むようになります。こちらも、その道をとらない選択ができるなら、それもアリだということです。

こういう場合、相手の方にとって「二人で研究すること」が動かせない予定ならば、その事柄自体は確定で、相手は「自分ではない別の誰か」が務められることになるでしょうね。


|縦糸と横糸が織り成して、ものごとが展開する。

中島みゆきさんの歌で「糸」という名曲があって、歌詞の内容は、「あなたという縦の糸と、自分という横の糸が、織り上げられて布となり役割をなす」というような、人との縁についての素敵な歌です。

この世での「学び」とは、この歌詞でいう「糸」のようなもので、「自分の学びを織り成していく縦糸」と、「今生においての経験という横糸」とが交差していくのだと思うのです。

縦糸は、時間の概念にしばられない「自分のたましいの領域のこと」で、横糸は、この世という時間や、自分以外の他人も関わりをもつ「この世のさまざまな事柄が反映すること」です。

たましいの縦糸(に含まれる内容)は決まっていても、今生の経験という横糸は自分だけの都合ではれないので、場合によっては、学びの順番がかわることもあるでしょう。むしろそのほうが学びが大きくなるということで、別の学びが優先されることもあるかもしれません。

そうなったら、「やらない」というよりは、「より良くする」という意欲的な変更となりますよね(^_^)。

そういういろんな事情があって、

それぞれの縦糸としての学びは、進んでいくのだと思います。



 ★リーディングのお申込みは、ミディアムリカコのサイトでご確認ください。

 ★ブログランキングに参加しています。1クリックお願いします。

  

| | コメント (2)

2016年5月22日 (日)

スピリット・メッセージ|早くわかる、早くできるという優位性をいかすために。

10405642_s

皆が、あなたと同じスピードで思考ができるわけではないのです。あなたの思考のスピードは、他の人より早いことを自覚してください。

皆がついてこられない思考は、どんなによいアイデアでも、理解されずに採用されないことがあります。

または、どんなに事実を表していても、正解であっても、理解されずに受け入れられないこともあります。

今、あなたの周囲でいくつか、そういうことが起こっています。

あなたはどこか、「早さ」がすべてに優先するかのように考えてしまうところがあります。または、そうではない場合もあるとわかっていても、早さの価値を押し通したい気持ちになるのかもしれません。

早くわかる、早く動けることは、あなたのもつ優位性です。しかし、その性質の使い方、活かし方が大事です。

周囲の歩調を理解しながら、少しだけ先をゆくくらいがいいのです。早いことは素晴らしいのですが、早すぎてもうまくいきません。

他者に「もっと、早く」と伝えることは、別の表現をすれば「あなたは、遅い」と告げているに等しく、相手のためのつもりがときに誤解を招くこともあります。

この点は、あなたが一番、気を付けていくべき点です。

あなたの優位性を存分に発揮して活躍するために、使い方、活かし方を意識してください。



 ★リーディングのお申込みは、ミディアムリカコのサイトでご確認ください。

 ★ブログランキングに参加しています。1クリックお願いします。

  

| | コメント (0)

2016年5月21日 (土)

ただ違うだけ、ただ合わないだけ。

人間関係で、自分と相手の性格や考え方があまりに違っていて、うまく対応できないときに、「自分が悪いのだろうか?だとしたらどこを直せばいいのだろう?」と悩んでしまったり、「相手はなぜあんな性格なのだろう?どのように言えば分かってもらえるだろう?」と怒りが出てきたりすることがあるものです。

しかし、そういう場合の理由は、「お互いの性格が違うというだけ、だから合わないというだけ」で、どちらが悪いとかではないことが多いです。

自分が悪いのでもなく、相手が悪いのでもなく、違いから、かみ合わないことが起こってしまうことはあります。

「思考が得意」な人や、「思考が好き」な人は、こうした状況になったときに、なぜこうなっているのだろう?、ではどうすればいいのだろう?と、解決策を考えようとします。スピリチュアルに関心がある人は、そういう傾向が多いです。

けれども、実際には、「そこに解決しなければならない問題」は何も存在していません(^_^)。

ただ違うだけ、ですからね。

違いがあれば、合わないことだってありますよね。

そこを必要以上に複雑に考え過ぎると、こねくりまわして問題を作ってしまう(^_^;)ことがあります。ただ違うだけなんだと、それ以上に何も考え込む必要はないのだと、シンプルに違いを認めて受け入れましょう。



 ★リーディングのお申込みは、ミディアムリカコのサイトでご確認ください。

 ★ブログランキングに参加しています。1クリックお願いします。

  

| | コメント (0)

2016年5月20日 (金)

友達が「自分のスピリチュアルな体験話」に、関心をもってくれないのは?

25987729_s
女性は、お話をするのが好きだし、共感することで人間関係をつくっていくものなので、自分が体験したことや、それについてどう感じたかを話し合って「すごいね」とか「あるある!」とか「私も経験してみたい」となって話が広がったり、親しみがわいたりするものです。

そうした延長で、自分が体験して感動したり学びになったりした、「スピリチュアルな体験」、「霊的な事柄が関連していると思われる体験」を知り合いに話して、この感覚を共有したいと考える方は少なくないようです。

けれど、多くの場合、期待していたような反応を得られず、軽く流されたり、しらけた雰囲気になったり、自分が感動したあの感覚が伝わらないのかと、がっかりしてしまう結果になるのではないでしょうか(^^;)。

そういう方に理解しておいてほしいのは二つで、

まずひとつは、スピリチュアルな事柄というのはとっても内的なことなので、体験した事柄やそれに関しての自分の思いや気づきを、言葉に表すのは(事実そのものを表すのと違って)とっても難しいものだということです。

うまく伝わらなくても、「そういうもの」です。

そしてもうひとつは、多くの人にとって「他人の神秘体験というのは、そんなに面白い話題ではない」ということです。「へえー、そんなことがあったの」というくらいは思うとしても、そこからさらに掘り下げたり、解釈を膨らませたりして楽しみたいような話題ではないので、

これも「そういうもの」として受けとめるほうがいいですね。

自分にとっては、その体験に至るまでの「いろいろ」があって、そのすべてを知っています。その上での体験だからこそ感慨深いのです。

他人の受け止め方はそれと同じにはならず、クールな反応になることが「普通」だと思って、あまりこだわらないようにしましょう。



 ★リーディングのお申込みは、ミディアムリカコのサイトでご確認ください。

 ★ブログランキングに参加しています。1クリックお願いします。

  

| | コメント (2)

電子書籍の目次。

私の電子書籍「スピリチュアル・リフレッシュメソッド」の目次です。

▼目次▼

第一章:オーラをリフレッシュ

(01)オーラは明るさが大切。
(02)自分を整えることが、オーラを整えることになる。
(03)「イメージする力」でオーラを明るく整える。
(04)ホワイトセージで、空間やオーラをクリアリング。
(05)人付き合いとオーラの関係。

第二章:お部屋をリフレッシュ。

(06)朝一番に窓を開けて、空気の入れ換えを。
(07)お部屋の「床掃除」をすることの効果。
(08)お部屋にある「不要な物」からの影響。
(09)物がたくさん欲しくなるのは、失う恐れからきている。
(10)引っ越し先のお部屋を選ぶ際には。
(11)「家に霊がいるのでは?」と心配な方へ。
(12)アンティークの家具や美術品を購入したいときには。

第三章:日常をリフレッシュ

(13)お洗濯物は外干しで「日に当てる」
(14)色のもつエネルギーを取り入れる。
(15)旬の野菜に含まれる、旬のパワー。
(16)朝型の生活リズムを。
(17)「不思議で幻想的な写真」の解釈。
(18)リラックスしやすい洋服の素材。
(19)音の刺激がやる気を引き出す。
(20)髪の毛につく、くすんだエネルギーを除く。

第四章:睡眠、呼吸、入浴を意識する。

(21)入浴の浄化作用。
(22)入浴の浄化作用を、さらに高める「塩」+「重曹」。
(23)温泉や銭湯にも、それぞれの良さがあります。
(24)季節の替わり目の、入浴時間。
(25)深い眠りと、深い呼吸を。
(26)金縛り、悪夢が続いてしまうときには。
(27)頭の近くに電気機器があると眠りが浅くなる?

第五章:自然のエネルギーを活用。

(28)自然の多い環境に身を置く。
(29)爽やかな風でリフレッシュを。
(30)不要なエネルギーを、土に触れてリリースする。
(31)家庭菜園もオススメです。

第六章:心と体を整える。

(32)「心」と「体」と「たましい」はどれも繋がっている。
(33)人との関わりによる消耗を軽減する3つの工夫。
(34)規則正しい生活と、運動の習慣を。
(35)食べること以外の楽しみを持つ。
(36)寒い時期には、人付き合いから栄養補給を。
(37)ストレッチで、体も心も柔軟に。
(38)不要なエネルギーは足から抜けていきやすい。
(39)霊的な影響を受けやすい人は、「背骨」を整えてください。
(40)ほどよい運動が、頭を休ませることになる。
(41)笑い声と、楽しい会話によるプラス作用。 

 




 ★リーディングのお申込みは、ミディアムリカコのサイトでご確認ください。

 ★ブログランキングに参加しています。1クリックお願いします。

 

| | コメント (0)

2016年5月19日 (木)

リーディングのご感想|3ヶ月リーディング。

ご利用いただいたIMさんから、ご感想をお送りいただきました(^_^)。

ありがとうございました(*^_^*)。

Image33ヶ月メッセージと一件のリーディングを、ありがとうございました。

さて、3ヶ月メッセージですが、 今、ひそかに心で抱いていることがもしかしたら形になっていくのかしら、と思える点などもあり、 ドキドキワクワクです。

例えば7月。「××××・・・」の点は、 今通っている教室が6月に終わったら始めてみたいことが現時点で数種類あり、 もしかしたらそのことかしら・・・と思ったり。

先のことを教えていただいていることで、安心感を得られました。折に触れて読み返して、生活の指針にさせて頂こうと思います。ありがとうございます。

また、ずっと悩んでいた件の選択肢について。考え方自体が間違っていたことに気づかせてくださった上、 考え方を例え話を用いて噛み砕いて教えていただき、ありがとうございました。

私が踏み出せない理由は時期ではなく「お金の不安」であり、 そのことと「気持ち」を並列にして考えていたのは、目から鱗でした。比較の対象にならないもの2つを眺めて答えを出そうとしていたので、どちらか決められなかったのですね。

そして、「お金を優先するか」「気持ちを優先するか」の二択になったとき、 私が「何に対して時間と労力とお金と体力と気持ちを注いでいくか」を考える、という点が一番腑に落ちました。

そのように考えていくと、答えが出そうです!それは何を決めるときにも、通用しそうな考え方ですね。 自分の人生も同じですね。何に時間と労力とお金、体力、気持ちを注ぐのか。

それを自分で決めて進んでいくのがまさに自分の人生ですね。 当たり前のことですが、わかっていませんでした。

年齢もあり、将来の不安から、色んなものを守ろうとする考え方に偏ってしまって、 自分がどんなことに自分の持ちものを使っていくのか、という点を見ていませんでした。 この考え方がわかれば、また私オリジナルの、納得のいく生き方に近づけそうです。

これから自分の人生を生きていくのにも必要な考え方を教えていただけた気がしています。 どうもありがとうございました。

 

 ★リーディングのお申込みは、ミディアムリカコのサイトでご確認ください。

 ★ブログランキングに参加しています。1クリックお願いします。

  

| | コメント (0)

ものごとを把握するための、比較。

この世は、比較という行為によっていろんなことが把握できる場所です。

AさんとBさんでは、「Aさんのほうが身体が大きい」とか、「Bさんのほうが走るのが速い」とか、「二人とも、昨日より今日のほうが作業は進んでいる」とか、無意識もふくめていろんな比較をしています。

自分を知ろうとするときにも、「自分と同僚」の成績を比べる、「自分と平均値」では差があるだろうか、「自分のできることの中で、一番の得意」は何だろう、「過去の自分と、今の自分の変化」はどのくらいあるか、という考え方を当てはめますよね。

「比較」がないと、こうした把握ができません。


あちらの世界はすべてが「ひとつ」です。ですから比較しようがない(^^;)とも言えますし、比較する必要がないとも言えます。

一方こちらの世界は、「あれ」と「これ」とか、「自分」と「他人」というように、それぞれを個別に認識する世界です。そのため、こちらの世界では、比較という行為を通した理解が容易であるとも言えますし、そうしないとそれぞれが把握できないとも言えます。

この世の経験を学ぶためには、比較をすることによる把握は必要です。

ただ、それが極端になると、上になるのが素晴らしいことで、下になったら未熟で劣っているというような偏った解釈がうまれて、自分を過小評価して落ち込んだり、もっとあの人みたいに頑張らないと(今のままの自分では低い)と思い込んでしまったりすることがあるので、その点には注意が必要です。



 ★リーディングのお申込みは、ミディアムリカコのサイトでご確認ください。

 ★ブログランキングに参加しています。1クリックお願いします。

  

| | コメント (0)

2016年5月18日 (水)

「悪いエネルギー」と感じるかどうかは、人それぞれ。

スピリチュアルに関心がある方の中に、「悪いエネルギーを感じた」とか、「あの人から低いエネルギーがでている」などと、(自分以外の)他人や周囲の場所などに、自分が迷惑を被る要素が外側にあるような言い方をするケースがときどき見られます。

ですが、エネルギーはエネルギーであり、それが「良い」とか「悪い」とかの一律の定義でくくれるようなものではありません。

悪いというのは、その人個人にとって、馴染みにくいとか、違和感があるとか、嫌な感じがするというだけの、とってもパーソナルな感覚によるものです。

他の人にとっては、同じものが、別に悪くもない、何も思わない、許容範囲の普通のことかもしれません(多分そうです(^^;))。

万人にとっての悪いエネルギーとういうものは「ない」のです。

そういう発言をする本人にとっては、違和感があって、歓迎されないエネルギーなのでしょう。それは、その人の個人的な感覚や感性(好み)としてもちろん尊重されます。

ですが、その感覚は、世の中の他の人たちにまで、そのことが「自分と同じように」当てはまるとは限らないことは覚えておかないと、自分では単に事実を言っているつもりが、思い込みの激しい人だと誤解を受けたりすることもあるかもしれません。

食べものの好みがそれぞれであり、甘いものを好む人も苦手な人もいるように、エネルギーへの感じ方、親和性の差というものはその人自身の個性との相性によっていくらでもかわります。

たとえるなら、ピーナッツをどう受けとめるか、のようなものです。アレルギーを持つ人にとっては嫌なもので避けたいものでも、そうでない人には何とも思わない普通のことで、好きな人にとってはおいしくて歓迎したいもの、そういう差がつくことはよくありますよね。

「低いものが出ているのを感じる」といっても、そのエネルギーを、低いと認識しているのは自分と同じような個性の人だけで、他の人には何とも思わない普通のもの(だから感じない)というケースは多々あります。

他人にとっては普通だったり、なんと好ましかったり!有用だったり!(^^;)することすら、あるかもしれないのです。

そうした感覚は、それぞれのエネルギーへの親和性や相性のようなもので、どう感じるかは、その人によって変わるものなんですね(^_^)。



 ★リーディングのお申込みは、ミディアムリカコのサイトでご確認ください。

 ★ブログランキングに参加しています。1クリックお願いします。

  

| | コメント (2)

2016年5月17日 (火)

アイデアを形にするには、思考と行動の折り合いをつけること。

ひらめきに優れている人なら、アイデアはいくらでも出てくるものです。

スピリチュアルに関心がある人の大部分は、どちらかというとそういうタイプですね。見えないもの、形のないものを受け入れられる感性が高い方が多いからです。

10931034_s_1
ただし、頭の中では素晴らしいアイデアでも、実際に実行しようとしたら困難すぎてちょっと・・・となるものも、どんどんひらめいてしまって思考が止まらなくなることもあります。

スピリチュアルな感性が高い方は、その点に気をつける必要があります。思考の広がりのままに任せると、実現不可能なアイデアがどこまでも広がってしまうからです。

誰にでも言えることだけれども、得意なことって「やりたくなる」ものです。そしてやったことの達成感や満足感も大きいです。ひらめきに優れた人は頭の中で、ああでもない、こうでもない、もっとこうしたらどうだろう・・・と思考を次々と展開させたくなるものなのです。

けれど、そうして進めば進むほど、思考が進む先端は、現実的な現在地からかけ離れていきます。いくら素晴らしいアイデアでも、行動が不可能なものばかりでは、この世で肉体をもって生きるという機会を与えられているメリットをいかすことができません。

行動ありきで考えると、思考の広がりが制限されていいアイデアにならないと思うかもしれません。しかし思考ありき、アイデア先行になって行動が追いつかなければ、いくら素晴らしいものも「アイデアのままおわってしまう」のですから、どちらもそんなに変わりません。

この世は不完全の世界ですから、どんなものも100%になることはありません。アイデアについてもそのようにとらえていき、実現可能なところで折り合いをつけていくことも大事ですね。

行動して形にしていくことには、思考だけが広がる感覚とはまた別の達成感があるものです。他人が関わることによって、違う方向に広がりや深まりがでるからです。そちらを味わうこともこの世の学びのひとつです。


 ★リーディングのお申込みは、ミディアムリカコのサイトでご確認ください。

 ★ブログランキングに参加しています。1クリックお願いします。

  ↓ ↓ ↓

 

| | コメント (0)

2016年5月16日 (月)

自分を知ってもらうことは、「繋がり」を作るということ。

自分という存在を人に知ってもらうことは、人生を豊かにしてくれます。知られていると、気に留めてもらえたり、気配りをしてもらえたりします。

誰かに自分を知ってもらうこと、自分という存在を認識してもらっていることは、そこに「繋がり」ができるということです。

繋がりは、孤独感を薄れさせ、安心感を与えてくれます。

人の輪の中にいるとか、ある集団に所属しているということは、自分という存在がそこに連なっているという確かな感覚を与えてくれます。だからこそ人の輪に加わりたくなるし、繋がりを求めたくなります。

たとえば、会社を辞めたときなど、仕事のプレッシャーから解放されて自由さを味わうのと同時に、社会から切り離されたような、自分がどこにも属していないような不安な気持ちも、でてきたりするものではないでしょうか(^^;)。

そのため、辞めてもまたすぐに働こうという意欲がでてきますね、笑。

名前とか、性格とか、職業とかの細かいことではなくても、「あの人はここにいる人なんだね」、「あの人はこの場所でよく見かけるね」という程度も含めて、

自分を人に認識してもらうことは、「自分という存在を、世の中にマーキングする」ことになります

それは、自分の安心感になり、肯定感にもなり、そうした繋がりがいろんな可能性を創り出すことにもなるのではないでしょうか。




 ★リーディングのお申込みは、ミディアムリカコのサイトでご確認ください。

 ★ブログランキングに参加しています。1クリックお願いします。

  ↓ ↓ ↓

 

| | コメント (0)

«リーディングのご感想|3ヶ月リーディング。