■ インフォメーション ■

リーディング・セッション可能な日程および、返信までの時間は、以下のとおりとなります。ご不明な点がありましたら、お気軽にお問い合せください(*^_^*)。

【メールによる回答】

常時の受付は行っておらず、ひと月に一度程度、不定期で受付を行っています。返信までに、一週間~10日前後のお時間をいただいています(料金は 17,000円)
(前回は、3/6に受付しました)



【Skype、または固定電話のセッション】

現在は、不定期の受付となっています。実施日は、ブログ記事で、その都度ご案内をしています。(料金は 60分=15,000円。 延長料金は20分=5000円)

セッション実施についての、現状はこちらの記事のとおりです。

スカイプ実施日: 3月

・3/21 済
・3/23 済
・3/28 済

★無料のメルマガ配信をご希望の方は、こちらをご覧ください。過去に有料鑑定をご利用いただいたことがある方が対象となります。簡単に登録&解除が可能です(*^_^*)。

|

2017年3月29日 (水)

小さくスタートさせて、大きく育てていく|スピリチュアル・メッセージ。

13639995_s

まずは、「自分ひとりで、できること」から、スタートさせてみることです。

規模が小さいこと、準備が少しですむことからスタートさせるのがスムーズです。

他者が関わる事柄は、スタートまでに時間が掛かります。

人数が多くなるほどに、準備が多くなります。手間も、時間も。

スタートの規模は、大きくなくていいのです。

小さくスタートしたものを、大きな広がりに育てていけばいいのですから。

ブログランキングに参加しています。記事が役立ちましたら、バナーをクリックして投票をお願いします。

 

◆リーディングのご案内など:https://www.rikako-web.net/

◆スピリチュアルコラム(過去記事):http://spiritual-teaching.com/  

| | コメント (0)

2017年3月28日 (火)

後天的に培われる性質にも、先天的な性質(本質)が関連する。

人の性格や性質とは、「生まれもって決まっている、先天的なもの」と、「生まれてからの環境で培われていく、後天的なもの」と、両方が関連してつくられています。

生まれもって決まっているというのは、たましいの領域から備えてくる性質のことです。

私たちは、何度も生まれ変わって学びを重ねている存在ですので、そうした前世の経験などから培われた性質が、たましいの領域に存在しています。それらを「備えた状態で、この世に生まれてくる」ので、性格や性質とは、生まれた時点ですでに「ある」ものなのです。

生まれてから、ゼロから積み上げるしくみではないからこそ、同じ親から生まれて、同じ家庭内の環境で育っていても、兄弟や姉妹で性格の違いがみられます。

(過去記事:たましいのデータベースから備えてくる性格や性質があります。)

生まれてからの環境で決まるというのは、「環境が刺激になって、自分の中から引き出される」ことと、「環境が学びとなって、新たに培われること」の、2つの要素の掛け合わせになります。

今回の記事は、「生まれてからの環境で培われる、後天的な部分の作られ方」についてです。

41201558_s



1、環境が刺激となって、「ある」ものが引き出される

これは「環境が刺激」という点が、後天的です。「引き出される」のは、やはり先天的な生まれもった性質から引き出されるのです。

生まれもっている性質(本質)が変わらなくても、その人生での環境や個別の経験が違ってくれば、引き出される内容にも反映してきます。

たとえば、「複数のことを同時進行で、進めていける性質」を高く備えている人がいるとします。

この人の育った環境が、「日本と外国を、数年おきに行き来する」ものであれば、複数を同時に進めていける、つまり、配分や使い分けがうまいということですので、両方の生活習慣や言語の差に混乱することなく、どちらの学びもしっかり身についていく、という形で、高い性質があらわれていくかもしれません。

もしくは、「手広く商売をしている家」に生まれたならば、複数のことを成立させるには、こんなふうにやればいいんだ、とコツをつかむことが上手ですので、「自分もいつか、こうして複数の事業をやりたい」と思うようになるかもしれません。

こうして「引き出され方」が変わると、前者のケースなら「複数の言語を上手に扱えるセンス」となり、後者は「商売をやるセンスが高い」となって、表面だけみればまったく別のものとなる可能性もあるのだとわかります。

2、環境が学びとなって、「新たに」培われる

こちらは、これまでたましいの経験値の中にないものが、今回の人生の経験で加わっていくことから、作られていく性質のことです。

たとえば、これまでの前世では、一度も日本に生まれていない人が、初めて日本に生まれてきて、この言語と生活習慣から学びを得ていくようなことですね。

そうなると、経験があるという優位性はないかわりに、新たなことを知ったときの、「落差」が大きいために、インパクトのある、「ああ!そうか!」的な理解となって、身につく度合いも大きくなります(^_^)。

この世というのは「比較から学びをえる場所」なので、違いがあるほどに、(違いというのはストレスではなく、学びでもあるのだと気づくことができたならば)、印象深く身につくというメリットもあるんですね(^_^)。

41202162_s
こうして、生まれた後の環境や経験から培われる部分にも、そのことがあらわれるためのベースとして、または比較対象として、先天的な性質(本質)とは関連がでてきます。

そのため、同じ環境で同じ経験をした複数の人がいる場合でも、そこから何を得られるかは「人それぞれ」になるわけです。

同じものを見て、同じカリキュラムをこなしたとしても、備えている性質が違えば、「自分に響いてくること」は、印象深い箇所がどこかという点も変わりますし、広さも深さも、それぞれですからね。

新しい経験から培われることも、備えている性質(本質)を通した反映の仕方になり、それらを含んだ全体が、自分の性質であり性格である、ということになります

こうした構造を理解しておくと、周囲と自分との違いや、理想の通りそのままにはいかない現実について、そうした比較から必要以上に落ち込んだり考え過ぎたりすることもなく、

むしろ、比較という感覚から自分を把握していくことができれば、より自分らしさをいかしていけるという意欲に繋げていけると思うのです(^_^)。

ブログランキングに参加しています。記事が役立ちましたら、バナーをクリックして投票をお願いします。

◆リーディングのご案内など:https://www.rikako-web.net/

◆スピリチュアルコラム(過去記事):http://spiritual-teaching.com/

| | コメント (0)

2017年3月27日 (月)

●【受付終了しました】:「前世リーディング(メール)」のご案内。

今回の受付は、終了しました。

3/27 23:00受付開始、 3/28 16:00受付終了

この企画は、あなたの前世と、その関連による、今回の人生におけるアドバイスを差し上げる企画となります 

お申込みいただけるのは、過去に有料リーディングをご利用いただいたことのある方に、限らせていただきます 

ご感想:1)(ご感想:2)(ご感想:3)(ご感想:4)ご感想:5

通常、セッション内では、ご相談内容の解決に関連する場合を除き、「前世について知りたい」というご質問としては、承っておりません。

こちらの企画、前世リーディングは、不定期の受付ですので、関心をお持ちの方は、この機会にご利用ください。

前世とはどういうものかという文章の説明(コラム)もそえて、わかりやすくお伝えしています。

こちらは「お一人様1回」のご利用でお願いします


★「前世リーディング(メール)」企画

内容: あなたの前世(複数あるうちの、2つ)と、今世に関連するアドバイス

さらに、簡単にですが、守護霊からのメッセージも(あちらからお伝えしたいことがある場合に限り)お伝えいたします。

Image31141

料金: 17,000円 後払い

形式: ワードの添付ファイル。ワードが受信できない方は、PDFで送信します。メールテキストで送信することも可能です。

お申込み方法: メールのタイトルを、「前世リーディング申込」として、以下の内容をお書き添えの上、お送りください。

メール:trueblue@mbf.nifty.com

 1、お名前(フルネーム)

 2、簡単なご住所(○○県程度)

 3 写真

 4、職業(会社員、主婦等)

 5、参考までに、現在の様子や、興味のあることなどを、
   数行にまとめてお書き添えください。

 6、ご自身の性格や思考の習慣で、前世と関連があるのでは、
   と思われる点などがあれば、お書き添えください。
  (その件と関連する前世をお伝えできるとは限りません)
   ここは、特になし、でも結構です。

 7、過去にリーディングを受けていただいた時期(○年前など)

  

受け渡し時期: ご依頼から、10日~2週間程度、掛かります。

★サンプル: お渡しする内容の一部を、ご確認いただけます。

>>「前世リーディング」見本は、こちら。

☑なるべく最近のお写真(半年以内程度)を添えてください。それより以前になる場合は、いつ頃撮影したものか、お書き添えください。

☑お伝えするのは、ご本人の前世であり、他の方との、前世での関わり等を知りたいなどのご要望には、お答えできませんので、あらかじめご了承ください。

☑ごくまれに、お伝えすべき前世が、見えてこないケースがあり、お引き受けできない場合もあります。そういうケースもあることはあらかじめご理解ください。

お申込み、お問い合わせ、お待ちしております(^_^)。

 ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

★ブログランキングに参加しています。記事がお役に立ちましたら、以下のバナーをクリックして、投票をお願いします。

   ↓ ↓ ↓

 人気ブログランキングへ

| | コメント (4)

2017年3月26日 (日)

「自信がないこと」と、「自分を過小評価していること」の違い。

自分は、どうも 「自信がない」ために人生がうまくいかないとか、「この自信のなさ」を変えるためにはどうしたらいいか、というように、ちょっとした「認識の違い」から、心の中が混乱しているケースがときどきみられます。

今回の記事は、それは本当に「自信がない」という思いなのか、実は「自信はないわけではないが、過小評価から不安になっているだけ」ではないのか、という観点からの解説となります。

71752759_s
|自信は、主観的な思い。

自信とは、自分を信じる思いです。具体的な事柄について、「この部分には自信がある」という思いのこともあれば、「私は、自分をいつでも信じていられる」というような、要素を特定しない全体的な思いとなることもあります。

こうした思いが強い人は「自信がある人」で、弱い人が「自信がない人」になります。

自信がある、という思いは「とても主観的なもの」であり、どちらかといえば「本質的なもの」です。

何かが上手にできるから自信がでてくる、とは限らないですよね。上手にできていても、自信がない人はいますし、まったく出来ていなくてもなぜか自信満々な人がいる(^_^;)ことからもわかるように、必ずしも事実と思いは連動していません。



|自己評価は、客観性による思い。

自分を評価することは、ある事柄についての事実を分析したり、または他者と比較したりすることから「自分とは○○である」というふうに生まれる感覚です。こちらも、部分に対する評価になることもあれば、要素を特定しない全体的な評価になることもあります。

評価が、事実に即していれば「等身大の評価」となり、小さくとらえてしまうことが「過小評価」になります。

自己評価というのは、どちらかといえば「客観視の感覚」からうまれます。自分について他人のような距離をともなう目線でみることや、逆に、自分を他人がみているような距離の取り方で眺めることから評価をつけていくことになります。



|2つは関連しているけれど、「別の事柄」となる。

「自分を信じる思い」と「自己への評価」は、厳密には分けられません。どちらも「自分という存在を通して繋がっている2つの事柄」であり、重なるところもあるからです。

たとえるなら、人という存在が、「身体という器に入った霊的存在」であるけれど、人の知覚において、その2つを分けることはできず、頭の中での理解にとどまるのと同じようなことです。

密接に関連していることですから、線を引くようなわけかたはできませんが、スピリチュアリズムの知識として、身体が自分ではなく、霊の部分が自分であるという解釈をもっておくと、感情にとらわれることが減ったり、出来事を通して成長しているという解釈がスムーズになり、人生を力強く進んでいくことを助けます。

それと同じで、「自信」と「自己評価」とは、まったくのイコールではないのだとわかっておくと、同様に、感情を整理できたり、出来事から学びを得て成長していくことがスムーズになります。



|本当に自信がないのか?と、改めて考えてみる。

ご相談でよくあるケースが、「自分を信じる気持ちはあるけれど、自己評価が低い人」が、その状態を「自分は自信がないからダメだ」と思い込んでいて、どのようにそのことを改善したらいいのかわからず困っているというものがあります。

しかし、そういう人が醸し出す雰囲気や、放つオーラは、「本当に自信がない人」のそれとは違って、肯定感というエネルギーが含まれていますので、違うことはすぐにわかります。

自信がない、と思っている人の多くは、「自己評価が低い」だけですから(^_^)、

ならば、評価をより事実に基づいたものにするために、自分を客観視して分析してみる、人と関わる機会をもって、比較してみる、人と関わることで人が自分に与えてくれる評価(そのことも自己評価の参考になります)を、まずは行ってみることですね。

そして、自分を信じる気持ちが、強いか、そうでもないかというのは、かなりの部分で「生まれもった性質」の関連があります。ここが強けれは強いほど良い、ということでは必ずしもないし、もっと強くする「べき」というものでもなく、それぞれに、たましいの学びに見合った性質を備えています。

ですから、そのふたつをわけてとらえていき、自己評価のほうにまずはフォーカスしてみてください。つまり、客観性をもって自分を眺めてみることです。自分について知ることもここに関連して役立ちます。

ブログランキングに参加しています。記事が役立ちましたら、バナーをクリックして投票をお願いします。

◆リーディングのご案内など:https://www.rikako-web.net/

◆スピリチュアルコラム(過去記事):http://spiritual-teaching.com/

| | コメント (0)

2017年3月25日 (土)

寝ている間にみる夢と、現実との差から、気づかされることがある。

これまでも書いているとおり、睡眠というのはとてもスピリチュアルな行為です。

寝ている間は「たましいがあちらの世界に里帰りしている」(この表現は江原さんの書籍に書かれていました)と言われていますし、

夜に寝ている間に、その日のあらゆる活動によって消費された、たましいの「活力」もチャージされて、翌日の活動のための準備がなされていきいます。

寝ている間にみる「夢」も、ときに、その内容が「スピリチュアルなメッセージ性のある何かをあらわしている」こともあります。

71920585_s

たとえば、夢の中で、とても追い詰められた状況になり、どうやっても打破できそうもなく、「この状況を変えられるなら、何でもやるのに!」と思ったところで、はっと目がさめて「あー、夢ったのかー、よかった」という経験を持つ方は少なくないと思います。

こういうときは、夢を通して「気づかされている」のかもしれません

今の環境はとってもありがたいのに、「もっと、こうなったらいいのに!」と欲が大きすぎたり、「なぜ、もっとこうなってくれないのだろう」と求めすぎていたり、または他力に依存しすぎていたりするときに、

「でも、今の環境も、十分に恵まれていて素晴らしいものだ」という再認識ができる機会を、与えられていると受けとることもできますよね(^_^)。

この世には時間があり、時間の経過が「比較」という感覚をうみだし、比較によって私たちは気づかされて、成長していくことができます。

しかし、時間の経過によるものごとの動きのスピードはそんなに速くはないですから、現実の日々の中では、そうそう、大きな落差がつくような比較の出来事が展開しないこともありますよね。

そういうときに、手っ取り早く?「現実」と「夢の中」という、違う次元での、インパクトが大きい状況を経験することで、学ばされている面もあるのかもしれません(^_^)。

こうした「現実的な痛みの少ない、気づきの経験」というのは、ありがたいものではないでしょうか(^_^)。

しかし、ときどき、あまりに大きなプレッシャーを与えられるとか、恐ろしい内容の夢ばかりを必要以上に見続けてしまうこともあるもので、そういうときは、気づきためとかよりも、「自分のコンディションが下がっている」などの、別の理由が絡んでいることが多いです。

そういう観点から、ご自身を見つめ直してみるのがよいでしょう。

ブログランキングに参加しています。記事が役立ちましたら、バナーをクリックして投票をお願いします。

◆リーディングのご案内など:https://www.rikako-web.net/

◆スピリチュアルコラム(過去記事):http://spiritual-teaching.com/

| | コメント (2)

リーディングのご感想|リソースリーディング。

リーディングをご利用いただいたKさんから、ご感想をお送りいただきました(^_^)。

こんにちは! この度はリソースリーディングをありがとうございました。

すごいボリュームがあって、読み応えがあり、心当たりあることばかりでした! たくさんの良いところを挙げていただいて、ありがとうございます。すごく励みになりました。

今まで、短所だと思っていたところも視点を変えると、長所としてとらえることが出来ました。何度も読み返し、せっかく持っている資質を上手く役立てて行きたいと思います。どうもありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。記事が役立ちましたら、バナーをクリックして投票をお願いします。

 

◆リーディングのご案内など:https://www.rikako-web.net/

◆スピリチュアルコラム(過去記事):http://spiritual-teaching.com/  

| | コメント (0)

2017年3月24日 (金)

普通の中から、得意なことを探してみる。

多くの人は、自分のことをよくわかっていないものです。

そのため「自分に備わっている、得意なこと」を、ほんの少ししか自覚していなかったり、得意なことは何もないと思い込んでいたりします。

これはちょっと「もったいない」ことですので、自分の得意をどうやって見つけていくかのヒントを書いてみたいと思います。

73814193_s

「手慣れていて、うまくできること」は、そんなに達成感などの感慨が伴わないものです。なぜなら、普通にうまくできてしまうからです。

「自分に備わっている、得意なこと」の大部分は、自分にとってあまりに普通で

「私は、これが得意な事柄だなー」と、しみじみ思うような認識にはなりにくいです。

他の人が、相応の労力なり時間なりを掛けてできることを、自分は、「普通に」できてしまうからこそ、人より「うまい」という位置にいられます。

たとえば、旅行者向けの「自然の素材をふんだんに使った地元料理」を、地元の人は「でも、都会の人はこういうのは好まないのではないかしら」と、考えてしまうとかは、・・・わりとありがちではないでしょうか。それで、変にアレンジしすぎてしまったりとか(^_^;)。

しかし実際は、そうした地元ならではの自然のものは、珍しいし、いかにも出掛けてきたという感慨を覚えやすいから、旅行者には好まれるものです。

このことを、備えている性質にあてはめると、「自分にとっての普通という感覚」と、「事実として、他の事柄との兼ね合い」との差によって、過小評価が起こりがちであることがわかると思います。

自分で自覚しやすい得意とは、「いかにもわかりやすい」全体のうちの一部分にすぎません。

それ以外にも、実は得意なことは多数備わっています。

いかにもな得意ばかりを意識すると、それ以外の多数の得意が自覚できないままとなります。わかっていれば、意図してそれを再現できるというメリットがありますが、わかっていないと(自然に普通には発揮されるでしょうけれど)効率的な発揮がなされません。

ですから、是非、「自分では普通と思っていることの中から、実は得意であること」を探してみましょう(^o^)!

・・・と、私はよくお伝えするのですが、

なぜか、この解釈を、違うふうにとらえてしまう方がすごく多くて、「では、私的には「できない」と思っていることの中にも、得意なことがあるかもしれないのですね!」という反応をされてしまうことがあります。

しかし、「できないことの中から」だと、「苦手の中から、得意を探す」ことになってしまいます(^_^;)。

ここを間違えないようにしましょう。

「普通の中から、得意を探す」です。

たとえば、私は、ご相談者さんたちから、このブログで使用している画像が「キレイでとてもいい」と言っていだだけることがよくあります。「○○という意図があって、あの画像をつかったのですか?」と聞かれることもあります。

しかし、私としてはあまり深く考えずに、そのときにいいと思ったものを購入して載せているだけで「○○という意図」も、そんなに深くは考えていないことがほとんどです。そして、自分で撮影した画像ではないため、センスがどうとかあまり考えたこともなかったです。

ですが、複数の人から言われるということは、私が選んでいるものは、キレイな画像という印象を与えるものなのでしょうね。

ということは、これは「そういうものを選ぶことができる」とか「見つけることができる」という、得意なことなのでしょう。

しかし、私にとっては、いたって普通で、得意とも苦手とも何とも意識したことがない、どちらとも思っていなかったことです。

そういうことが「普通の中から、得意を探す」ということ(の、一例)です(^_^)。

得意なことは、自分からかけ離れた遠いところにはありません。

自分に近いところにあって、近すぎて気づかないことが多いのです。

そういうところに意識を向けてみてください。

ブログランキングに参加しています。記事が役立ちましたら、バナーをクリックして投票をお願いします。

◆リーディングのご案内など:https://www.rikako-web.net/

◆スピリチュアルコラム(過去記事):http://spiritual-teaching.com/

| | コメント (0)

リーディングのご感想|スカイプセッション。

リーディングをご利用いただいたKSさんから、ご感想をお送りいただきました(^_^)。

本日はスカイプセッションをありがとうございました。

今日はじめて出ていらした守護霊さんが、 今わたしが努力していることと息抜きの趣味がほぼぴったり同じで 本当にびっくりしました。やっぱり好きなこと、得意なことって繋がっていくんだな… って思いました。

頂いたアドバイスで、 結果ばかり見つめずキッカケをきちんと把握して なぜ?どこから?そうなっていったのかを考えることで 現実的な解決方法が見えてくる

結果は『誰かのせい』ではなく、『人と人の間』にも あるのだから、それを間違えないように… 焦って行き当たりばったりに転職など考えると 極端な結果になることもあるから落ち着いて… などなど、

今のわたしにぴったりなお言葉ばかりでした。

これらのことを肝に銘じ、4月末の流れの変化の時を見据えつつ 頭と心が同じ方向を向くことが出来る様に思考を整理していこうと 思います。

ほぼ1年ぶりにリカコさんとお話しさせていただいたのですが、 とっても心が軽くなりました。 本当にありがとうございました!

ブログランキングに参加しています。記事が役立ちましたら、バナーをクリックして投票をお願いします。

 

◆リーディングのご案内など:https://www.rikako-web.net/

◆スピリチュアルコラム(過去記事):http://spiritual-teaching.com/  

| | コメント (0)

ある日のスカイプセッション|経験が、優位性をつくる。

ある日のスカイプセッションの内容です。

Kさんとは、初回のセッションだったのですが、なんと、私がこのブログをスタートさせてからずっと、読んでいただけているとのことでした(◎_◎)。

それまでに何度かセッションを受けようとしたものの、Kさんがかなりの距離を伴うお引っ越しで環境を変えられたり、札幌までお越しになろうかとしていたところ、私が対面セッションを休止したりとタイミングが合わず、、、だったとのこと。

このときは最初に、お身内のご先祖霊さんがでていらっしゃいました。

「男性で、あなたを車に乗せてくれたことがあるくらいの、親しい関係のどなたかではないかと思います」とお伝えしたところ、

「父だと思います。父は、車の免許を全種類もっている人でした」とのことで、なるほど、それで「車」が伝わってきたのだなーと、納得です(^_^)。

その後、守護霊さんが出ていらっしゃいまして、メッセージをいくつかお伝えしました。守護霊さんは、「数字」と「言語」に秀でていらっしゃる女性で、お姿の雰囲気からしてインドの方だったように思います。

ご相談内容は、お引っ越しのことと、お仕事のことがメインで、詳しい内容はセッション内で口頭で話すとのことだったので、この時点では、だいたいの状況しか把握していませんでした。

相談に入る前にふと、女性がタロットカード?みたいなものを、3段に展開しているっぽい様子が一瞬、よぎったように思いました。

が、この時点では、この件はお伝えせず。。。

Kさんはお仕事をいくつか掛け持ちで頑張っていらっしゃる方で、少し先の時期に、以前に住んでいらっしゃったところに戻るので、そちらでのお仕事についてと、現時点で働いている会社の件と、両方のご相談でした。

今働いているお仕事の件は、直近ではだいたいこんな感じで・・・、人間関係についてはこんなで・・・と、わかる範囲のことをお伝えしました。

以前に住んでいた場所に戻られる際に、検討している職業があって、「これまでの仕事の経験をいかしてやってみたい分野がある」とおっしゃっていたものは、採用する企業としても、知識を持っていて経験者を望む分野だろうと思えるもので、とてもいい選択肢をお考えだなと思いました。

人生全般についていうなら、新しい経験を増やして自分を成長させていくという姿勢もとてもよいことですが(^_^)、

「仕事」に限定するなら、それまでの経験をいかすことや、得意分野を見極めて、それをいかしていくことができたら、その分だけ優位性が生まれることも確かで、この点の考え方は、現実的になることが大事だと思います。

業務内容は、以前に働いていた会社では、社内の一部署として行っていたことを、今度は、「そうした業務のみを、アウトソーシングで請け負う会社」でやってみようと思っているとのことで、住む場所も以前と同じところをお考えとのことで、

既に経験済みのことや、知っていることは、それだけ「新しいことを覚える部分をスキップできる」ことと、「経験をいかせる」という優位性がでますから、将来のことをよくお考えになっている方なのだなと思いました(^_^)。

現時点で、お仕事を3つ掛け持ちなさっているそうで、将来、元の居住地に戻られるときにも、できれば複数のお仕事をやりたいとのことで、「そのうちのひとつは、以前にも少しやっていた占いとか・・・」という話がでてきて、

そういえば、最初にふとよぎったタロットはこのことでは?と思い出しまして(それまで忘れていました(^_^;))、「占いは、何か道具を使うものですか?」とお聞きしましたら、

「使うとしたらカードとか・・・」ということで、ああ、この件が見えたのかと納得でした(^_^)。

見えた時点では、お仕事の相談というのは占いをやりたいとかかなー?と思ったのですが、相談内容をお聞きすると、金融系だとか外国語だとかが関わる職種だったので、そちらとは関連がないことなんだなーと判断して、そのまま忘れてしまっていました(^_^;)。

そして、セッションのラストに、Kさんが「相談内容と直接の関連ではないけれど、聞いてみたいことがある」とのことで、人の霊ではない「自然霊」について、そういう人が守護霊として存在しているものかどうか、という件で、以下のような説明をさせていただきました。

広い意味での守護霊というくくりでは、誰にも、そうした自然霊との霊的な関わりは、あるとされています。

しかし、人生や仕事を導く役割のいわゆる「指導霊」と呼ばれる役割は、人だった経験をもつ霊がついていることが一般的となります。

自然霊がその構成に含まれている人もいるけれど、それは「そうなることが、その人の人生に意味がある場合」で、Kさんみたいに金融系とかの実務をやる方だと、自然霊が導くよりも、人の霊が導くほうが優位性があるでしょうから、そういう適切な組み合わせになっていて、今みえてくる限りでは、自然霊が前面にでていらっしゃる感じはないですが、

「指導霊という役割に限定せずに、広くとらえるならば、Kさんにご縁がある自然霊みたいな方達は、どちらかといえば神社系の・・・」とお話したところ

「うちは、実は神社の家系なんですよ」とのことで、なるほどー、いろいろ繋がっているもののようですねーと、こちらも学ばせていただきましたね(^_^)。

ありがとうございました。


※そのときの、Kさんのご感想は、こちらの記事となります(^_^)。

この記事は、スカイプセッションでお話した内容のうち、多くの人に当てはまる普遍的な事柄が、間接的に他の方にも役立つかもということで、ごく一部分をご紹介させていただいています。

ブログランキングに参加しています。記事が役立ちましたら、バナーをクリックして投票をお願いします。

 

◆リーディングのご案内など:https://www.rikako-web.net/

◆スピリチュアルコラム(過去記事):http://spiritual-teaching.com/ 

| | コメント (0)

2017年3月23日 (木)

「本質」と「状態」と、どちらの把握が得意か。

スピリチュアルなセンスのあらわれとして、「人のことが、よくわかる」性質をもつ人がいます。

しかし、「人のこと」と一口にいっても、人とはとても複雑な存在ですので、わかるのは「人が備えているうちの、どこか一部分」となります。

以前の記事「わかりあえる部分は、バケツ一杯分くらい」で説明したように、お互いの性質の違いがあるからです。

上記記事の内容でたとえるなら、「相手がもっているいろいろな要素のうちの、どの部分を、自分のバケツですくえるか」は、「自分のバケツの性質」と関連します。

把握できる性質について、あまり細かくわけても、「人の数だけ特徴がある、個人差」になってしまって共通性がみられなくなるので、わかりやすさのために大きく二種類にわけると、

「本質がわかる」か、「状態がわかる」か、ということになります。

70293903_s
どちらが得意であるかは、生まれもった性質(そなわっているバケツ)が関連しています。

なので、「私は、状態のほうをメインでわかりたいの!」というふうに、好きなほうを選んだりはできませんね(^_^;)。備わっている範囲の中での上限まで、磨いたり伸ばしたりすることなら可能ですが、生まれもったバケツの質までは変わらないからです。


「本質」とは、そのものを構成している要素で、変化があまりみられないものです。

「状態」とは、その時々で変化するもの、コンディションの上下があるものなどです。


つまり、「あの人の性質として、こういう点があるよねー」というのは本質で、「あの人、今日は、いつもより疲れているようだねー」というのは状態です。

本質をわかることが得意な人にとっては、状態を把握するのは本質ほどには容易でなく、状態をわかることが得意な人にとっては、本質の把握は、状態ほどにはうまくいかないといものです。

(こうした差は、最初から備わっていて「変わらない」ので、つまり、バケツの質自体が「本質」的な事柄と分類されます)

得意分野は、それぞれの性質(本質)であり、性質に優劣はありません。どちらが得意であっても、自分の性質はそうであるという、それ以上でも以下でもありません。


おそらくは、統計的には「状態がわかることが得意な人」のほうが、人数が多いような気がします。

こちらのほうが、どちらかといえば、一般的には「わかりやすい事柄」となるためです。

なぜなら、状態には「変化という動き」があるからですね。

本質には、それがありません。

ブログを長くご覧いただいている方には、既におなじみの知識ですが、「時間」とはこの世特有のしくみであり、あちらの世界には時間はありません。時間があるからこそ、変化がありますから、

「状態という変化」も、この世だからこそ生じる現象であり、わかる事柄である、ということになりますから、「この世という場所では、状態のほうが、よりキャッチしやすい事柄」といえるでしょう。

動きが、きっかけとなって把握しやすいとか、動きの様子を比較という感覚でとらえやすいためだと思います(^_^)。

自分の得意がどちらの範囲であるか、過去をいろいろ当てはめてみると、自分の本質がわかりますね(^_^)。

ちなみに、私は、本質の把握が得意で、状態の把握は苦手分野となります。

得意と苦手の差が、大きい人も、小さい人もいますが、私の場合は、すごく差が大きいです(^_^;)。

ブログランキングに参加しています。記事が役立ちましたら、バナーをクリックして投票をお願いします。

◆リーディングのご案内など:https://www.rikako-web.net/

◆スピリチュアルコラム(過去記事):http://spiritual-teaching.com/

| | コメント (6)

リーディングのご感想|リソース・リーディング

リーディングをご利用いただいたKCさんから、ご感想をお送りいただきました(^_^)。

普段、自分の勘があっているのか、思い込みなのか、わからなかったけれど、心のどこかで思っている事が書かれていて、それであっているよ、自信を持っていいんだよと言われているようでした。

でも、これは、リカコさんのリソースリーディングでなければ、表に出てくる事はなく、一生、知る事はできなかった、 自分の内面です。 職場の仲間から言われてる事が書かれていました。私の事を理解してくれているので、信頼感がある中で働くことができて幸せです、そこでの様子を見られてるのかな?と思えました。

リソースリーディングの内容には、いくつも、ヒントやサインが入っているように思えます、これから、これは、こういう事につながるんだなぁと理解できる時が楽しみです。

そして、自分に、こんな力があるんだと、驚きと喜び、活かしたい意欲がわきます。

恥ずかしい話ですが、この歳で、世の中のため、とかボランティアとか、私には奉仕の気持ちがなく、何か欠けてると思ってました。

リーディングで教えてもらえた、知ってる人に対する情けが深い、ということで身近な相手のためなら、自然と何かしたいと思える。それでもいいんだ。長い間の欠けてる自分が気になってましたがこれで、解決できます、誰かのためにと、これから先、思えるようになれるんじゃないかと、一歩前進です。

リソースをさらに見つけるヒントに、でてきた、うらやましい人を探す件、 私のうらやましい才能の人は、リカコさんです。言葉の表現が苦手な私は、リカコさんがうらやましい!

あなたの中にも、同じような才能が存在している、とありますが、 私には言葉の表現の才能はないのですが スピリチャルな事の教え方、表現の仕方、伝え方を尊敬しているからかなぁ? やはり、これから努力するところは、知識をつけて、言葉の表現力をあげる事。 どんな事を感じても、思うとおりに、伝えられないのは、残念ですから、頑張ります。

そして得意な事をいかすのは、デザインだと思ってます、 最近、絵を描くようにと、いろんなところから、サインをもらっている気がして こう思えるのも、今回のリソースリーディングで、自分の勘を信じていいんだと安心できたからです。

大きな発見と、前進のきっかけを、今回のリソースリーディングで教えてもらえました。 このタイミングでお願いできて良かったです。。

ブログランキングに参加しています。記事が役立ちましたら、バナーをクリックして投票をお願いします。

 

◆リーディングのご案内など:https://www.rikako-web.net/

◆スピリチュアルコラム(過去記事):http://spiritual-teaching.com/  

| | コメント (0)

2017年3月22日 (水)

場所のエネルギーによる、「自分の思い」への作用。

人も、物質も、ものごとも、すべては「それ特有のエネルギー」をもっていて、お互いに、エネルギーを放ったり、受けとったりしています。

そうした「エネルギーの関わりで、さまざまな出来事が展開していく」のが、この世のしくみです。

「人と物質」、「人とものごと」も、それぞれ影響を与え合いますが、「人」にとって、一番大きな関わりをうけるエネルギーは、やはり「人の放つエネルギー」です。人同士は、それぞれがもつ波長が「近い」からです。

誰もが、日常生活において、あらゆる形で人の発するエネルギーに感化されながら過ごしていて、そのうちのひとつに

「場所のエネルギー」という形で、「人の放つエネルギー」の作用をうけるケースがあります。

52083899_s

共通する目的をもつエネルギーの、作用がある。

大勢の人が一斉に、同じことをしている環境ってありますよね。たとえば、「大勢が食料を買っているスーパー」とか、「大勢が運動しているスポーツ施設」とか。

複数の人たちが、共通した目的について考えたり行動したりすることを通して、エネルギーを山ほど放っていることになりますから、自然と「共通性のあるエネルギーがたくさんある空間」が作られていきます。

そういう場所にいくと、そういうエネルギーに感化されます。

お腹がすいていなくても、スーパーにいくとついお菓子を買ってしまうとか笑、家ではまったくやる気にならないのに、スポーツ施設にいけばトレーニングをやる気になって頑張れるのは、

「他の人たちが放った、そのことに対するエネルギーがたくさんある」ことが、後押しになっているからです。

・・・お菓子を買うことの後押しが、ありがたいかは別として(^_^;)。

思いのエネルギーが、思いに作用する。

もちろん、場所のエネルギーをつくっているのは、人が放つものだけでなく、建物とか家具や器具などの、物質のエネルギーもありますし、土地そのもののエネルギーなどもありますが、

人が放つエネルギーの作用は、人に対して大きく働きます。

なぜなら、「個人的な思い」「自発的な思い」というものをもっている存在同士として、波長の響く領域が「近い(似ている)」からです。

土地という自然のエネルギーや、物質のエネルギーには、そうした「個人的な思い」が乗っていませんから、それらの作用は、思いの後押しとしては強くなりません。

人が放つエネルギーこそが、「思い」と馴染みやすく、「思いに対して」作用しやすいということです。

思いのエネルギーが、集まっている「場所」。

「同じ目的をもった人が大勢あつまっている場所」は、作用が揃ったエネルギーも集まっていることになりますから、

成し遂げたいことがあるとか、その思いを推し進めていきたいときには、「自分と目的を同じにする人が、集まりそうな場所」、「そういうエネルギーで満ちていそうな場所」に、出掛けてみてはどうでしょう。

人の存在が、それだけで刺激になりますし、その場所にあるエネルギーが、自分の思いを大きくしてくれる作用も期待できますから(^_^)。

ブログランキングに参加しています。記事が役立ちましたら、バナーをクリックして投票をお願いします。

◆リーディングのご案内など:https://www.rikako-web.net/

◆スピリチュアルコラム(過去記事):http://spiritual-teaching.com/

| | コメント (3)

リーディングのご感想|リソース・リーディング

リーディングをご利用いただいたSさんから、ご感想をお送りいただきました(^_^)。

リソース・リーディングどうもありがとうございました(*^^*) すべて読ませていただきました。写真からこんなに細かく分かるってことに驚きました。

書かれていることは、時々言われますし、何となく感覚的に自覚もしていたんですが、確定ボタンをリカコさんに押していただいたことで完全に腑に落ちました!

これから悩んだり迷った時に何回も読んで、またシャンと背筋伸ばして頑張れる力をいただいたような気持ちです。ちょっと気になってブログを開いたら募集かかっていて、応募して本当に良かった~(^-^)

日々のあらゆる経験や、人間関係にも感謝ですね。 自分の中の能力を充分自覚して、これから大いに生かしていきたいと思います。

また、スカイプセッションなど機会がありましたらよろしくお願いしますm(_ _)m

ブログランキングに参加しています。記事が役立ちましたら、バナーをクリックして投票をお願いします。

 

◆リーディングのご案内など:https://www.rikako-web.net/

◆スピリチュアルコラム(過去記事):http://spiritual-teaching.com/  

| | コメント (0)

2017年3月21日 (火)

オーラが「くすんでいる」のは、どんな条件のときに起こるか。

先日、あるセッションで、以下のことが話題になりました。

◎オーラは明るいほうがよく、くすんでいるのはその逆である、というのはわかります。改善するほうがいいこともわかります。しかし、何がくすみに繋がるのかがよくわかりません。具体的にはどのような場合に、くすんでしまうのでしょう?

この件について、シェアさせていただきます。

50920071_s

オーラがあらわすことは多岐にわたります。

厳密にいえばどこまでも細分化されますが、わかりやすく、とても大きな区分で2つにわけるとしたら、「変化しにくい、本質的なこと」と、「その時々で変化していく、状態のあらわれ」です。

本質というのは、そんなに大きくは変化しません。

状態は、そのときどきで変化します。

ということは、オーラが明るくなったり⇔くすんだり、という変化は「状態」のあらわれであることがわかるかと思います(^_^)。

本質的なことというのは、備わっている性質や才能などです。

状態とは、そのとき一時的なものが反映される、思考や感情や体調などですね。調子の「上がり下がりがあること」が該当します。

今は怒っているけれども1時間後には怒っていない、今は緊張していても、5分後には解消されている、寝不足で頭がぼーっとするが、明日になればそれもなおるだろう、というようなことが「状態」です。

こうした「状態」に関連することが、自分の中でうまく連携していなかったり、負担になるほど大きかったり、バランスがとられていないなどの、何らかの不調和があるときに、それがくすみとなってあらわれます。

ある要素が活性化しているときには明るさとなりますし、逆に、滞ってしまうとくすみになります。しかし、あまりに活性化が過剰になってしまっても、自分にとって負荷が大きくなって、それもくすみになることもあります。

どんなよいことでも、過ぎたるは及ばざるが如しで、器をはみ出してしまえば、バランスがとられなくなるからです。

ある要素が、「うまくつかわれずに、停滞しているとき」や、または「過剰になりすぎているとき」にくすみがでやすいです

不安で行動ができない(停滞)ときは、動きが少なすぎて停滞になってくすむ、ということもありますし、または、行動をたくさんしないと落ち着かないとばかりに、行動しすぎてしまうと(過剰)、その疲弊が体調としてのくすみになる、ということもあります。

一例として。

「これから、自分はこんな活動をしたい!」と、とても意欲的になっているとき、やる気というエネルギーに満たされていて、思いが活性化していますから、オーラは明るくなります。

しかし、その事柄が、あまりに自分の才能とかけ離れているとしたら、達成のための行動をしてもしても、なかなか結果にあらわれなくなりますよね。

そうすると、どこまでやってもおわりがないので、行動を「しても、しても」が過剰になって疲弊すればくすみます。結果がでないことに、どうしてだろうと悩んでしまうと、やる気が停滞してしまいますから、くすみがでてしまうこともあります。

これは、わかりやすさのため、実際よりも極端に書いていますので、その点は割り引いてとらえてくださいね。

基本的には、やる気になることも、行動することも、オーラが明るくなります(^_^)。

自分という存在を、今回の人生のさまざまな条件の中で、いかにしていかしていくかが、たましいの学びでもあるので、そちらに沿った姿勢はどれも、「順行」ですので、明るくなります。

しかし、そうした姿勢をとっていく中で、ときどき、一部分が「過剰」となったり、停滞したりしてしまうこともありますよね。

人生の「さまざまな条件」には、他人との関連も含まれますし、そうなると自分のペースでは進みませんし(^_^;)。

ですから、この世という場所で、自分以外とも関わりをもつ以上は、明るくなったり、くすんだりという、変化がつくのは当然のことです。

くすみは、そのときの「一時的な状態をあらわしている」にすぎません。

自分次第で、いくらでも、意図的にも変えられますし(^_^)、

また、時間の経過によって(つまり自分以外のいろんな条件が動いていくことによって)、受動的に変わることもあります。


【まとめ】

 ☑オーラのくすみは、状態のあらわれ

 ☑状態は常に変化するので、明るさ⇔くすみも変化する

 ☑停滞するエネルギーはくすむ(本来、エネルギーは動きがあるものなので)

 ☑過剰になっても、負荷が掛かるという意味でくすむことも

 ☑くすみは、一時的な「状態」なので、変化していくし、変化させることもできる

 

ブログランキングに参加しています。記事が役立ちましたら、バナーをクリックして投票をお願いします。

◆リーディングのご案内など:https://www.rikako-web.net/

◆スピリチュアルコラム(過去記事):http://spiritual-teaching.com/

| | コメント (0)

«リーディングのご感想|スカイプ・セッション。